セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。施設長としての活動では施設の管理、他職種との連携。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

バランス感覚アップ!立ち木のポーズ

立木のポーズは、ヨガのポーズの中でも比較的知られているポーズの中の一つです。しかし、バランス系のポーズのため、初めての方は意外と難しく感じるかもしれません。リラックスして、怪我をしない様に気をつけながら行いましょう。

今まで行ったヨガポーズも参考にしてみてください。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

 

 

〇立ち木のポーズとは

サンスクリット語ではブルックシャ・アーサナと呼ばれております。バランスが崩れそうになって力が入りがちなポーズで、初めての方は難しいと感じるヨガです。しかし、名前通り木のように、自然の揺れに合わせていると、意外とバランスが取れやすいのです。集中力を高めるポーズでもあります。集中力が必要な作業の前に行うと、効率よく作業が進みます。

f:id:washizugo:20181021091821j:plain

〇立ち木のポーズのやり方

足を高く上げようとする人がいますが、低くても大丈夫です。太ももまで上げるのがもちろん理想ですが、まずはふくらはぎあたりまでで良いです。それよりも、床についている片脚が、しっかりと軸をとらえているか集中してください。また、お尻が突出してしまう人もいるので、上から引っ張られているようなイメージで、まっすぐに立ってください。

 

〇こんな時におすすめ

・集中力アップ

立ち木のポーズはバランスを取るため、余計な事を考えずに意識が集中します。そうすることで、神経が研ぎ澄まされて、ヨガが終わった後も脳がすっきりとした状態になっていきます。

 

・足の引き締め

血行も促進され、体が内から温まってくれます。特に、足の指先など血の巡りにくいところへ働きかけてくれます。さらに、足指を押したり刺激することで、さらに効果が高まります。

 

・ダイエット作用

血行が促進されるため、代謝が上がるとともに、内臓の機能も正常に戻って行きます。そのため、自然とやせやすい体に変化していくのです。このポーズに加え、他のヨガやストレッチを行うとさらに効果が高まります。

 

(washizugo)床が柔らかいと難易度が高くなるので、まずは硬い床から始めてください立木のポーズは、慣れれば瞑想する時にもおすすめできます。ウディー系の香りを焚きながら、自分を見つめ直したい時にこのヨガポーズをしてみましょう。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com