セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。施設長としての活動では施設の管理、他職種との連携。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

ここぞという時に集中力&やる気アップ!山のポーズ

〇山のポーズはヨガの中でも有名なポーズの一つです。

山のポーズは初心者でも行いやすいポーズになります。ただし、見た目が簡単そうなので、注意点や、やり方を読まずに行うと、逆効果になっていします可能性がありますので注意してください。場所を選ばないのも特徴の一つなので、大切なプレゼンの前などに行うと集中力が上がります。全てのポーズの間に入り、歪みをリセットしてくれるポーズになるため、怠らずに行います。

 

〇山のポーズとは

サンスクリット語でウッティタ・トゥリコーナ・アーサナと呼ばれております。山のポーズは正しい姿勢で立つことが大切です。そのため、体の歪み改善が期待できるヨガです。ヨガのコースでも、必ず山のポーズをはさみながら、一度体の歪みをの癖をリセットします。そうすることで、全てのポーズを正しい体の状態で行うことが出来るのです。見た目は簡単そうですが、完全な山のポーズを行うには、プロだと1日や2日では取得できないといわれております。

f:id:washizugo:20181024130214j:plain

〇山のポーズのやり方

頭を天井から吊るされているイメージで行うと上手くいきやすいです。あごは出し過ぎ、引きすぎに注意してください。そして、骨盤が床と垂直なように調節すると、体の歪みが良くなります。最初は鏡を見ながら確認をして行います。

 

〇こんな時におすすめ

・体の歪みを改善

体の中心を捉え、立つというポーズなので、自分の体の癖を改善することが出来ます。意外と、知らず知らずのうちに皆さんの体は傾いているものです。できれば、さいしょは鏡を見ながら行うと、わかりやすくなります。慣れてきたら、鏡を使わず、力をできるだけ抜いて行います。

 

・集中力アップ

足の裏に集中して立つため、集中力が増していきます。山のポーズは精神統一にもおすすめで、頭の中を無にして行います。気持ちもすっきりして、何かを行う時に集中して行えるようになります。目をつぶって行い、自然の揺れを感じて深呼吸すると、さらに効果が高まります。

 

・リラックス作用

足の裏や呼吸に意識を置くため、もやもやと悩んでいたことを忘れさせてくれます。ポーズに加え、さらにアロマの香りや、キャンドルを使えば、より効果が高まります。また、人間本来あるべき姿を感じることができるため、だんだんと深い呼吸がしやすくなりま、緊張していた心が落ち着いてきます。肩の力を極力抜いて、深呼吸を繰り返しましょう。

 

(washizugo)山のポーズは、正しい姿勢を取り戻してくれます。猫背になると、体に歪みが生じてきて、どんどんとその癖は強くなってしまうのです。ただ立っているだけと思われがちですが、意識的に、山のポーズを生活の中に取り入れていくように心がけてみてください。皆様の明日がより良いものになりますように。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com