セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。施設長としての活動では施設の管理、他職種との連携。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

腹筋を鍛えて美ボディーに!V字バランスのポーズ

V字バランスのポーズは、名前の通り、体でVの字を作るポーズになります。これは、かなり腹筋を鍛えられるポーズです。

〇ヨガのポーズで、直接的に腹筋を鍛えられるポーズは少ないのです。見た目以上に難しいポーズになるのですが、鍛えれば美しいウエストを手に入れることが出来るでしょう。

 

〇V字バランスのポーズとは

サンスクリット語でパリプールナ・ナーヴァ・アーサナと呼ばれております。膝が曲がってしまう方も多くいるので、曲げないように常に意識をして行います。大変な方はタオルなど使用して行うと姿勢を保ち、筋肉まで伸ばすことが出来ます。また、注意して頂きたいのは呼吸を止めてしまうことです。そうすると、アウターマッスルが動いてしまい奥まで働きかけることが出来なくなり、効果が半減してしまうため注意して行ってください。さらに効果を高めたいという人は、足の裏まで意識して実践してみてください。※できる範囲で良いのでチャレンジしてみてください。⇩

f:id:washizugo:20181025135253j:plain

※タオルを使用すると膝が伸びやすくなります。

f:id:washizugo:20181025135354j:plain

 〇V字バランスのポーズのやり方

尾てい骨が痛い場合には、お尻の下にクッションやタオルケットなどを敷いてみてください。また、力を入れすぎると、肩が上がってきてしまいます。肩の力を抜いて下げ、リラックスして行います。意外と意識していても自然と上がっている場合があるので、初めのうちは鏡を見ながら行うと、美しいポーズを取りやすくなります。そして手はピンと伸ばすことが理想ですが、最初難しいと感じる状態の時、バランスを取りずらい時は、床につけたままでも大丈夫です。

 

〇こんな時におすすめ

 ・腹筋強化

ポーズを見て頂ければわかるように、腹筋にかなりの負荷をかけることが出来るポーズです。それだけウェストを引き締めることが出来ます。なかなか最初は難しいと思いますが、定期的に行えば徐々に足も上がりやすくなってきます。また、腹筋がつくことで声量も上がってくるので、ハリのある、通りやすい声になります。

 

・ダイエット効果

脂肪燃焼効果があるため、痩せる効果も期待できます。時間を見つけてV字バランスのポーズを生活内に取り入れることで、気軽に鍛えることが出来ます。

 

・便秘解消

お腹への刺激から、腸が活発になり、結果的に便秘の解消につながります。最初は筋肉痛もあるかもしれませんが、続けることでお腹の中も、外も、すっきりとします。

 

〇注意点

・バランスがうまく取れない時は背中側に壁をおいて行います。

・腰や肩に怪我や違和感がある人は行わないでください。

 

(washizugo)V字バランスのポーズは、実際に行ってみると意外と難しいポーズです。しかし、慣れることで停止することも難なく出来るようになります。ヨガをするときに呼吸をすることを忘れずに行い、筋肉の深くまで刺激をします。少しづつでいいので、隙間時間を見つけて実践してみてください。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com