セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【ヨーグルト】食べる人が増加中!? 気になる効果は?

いつ、どんなヨーグルトを食べる?

f:id:washizugo:20210222081511p:plain
調査は2021年の1月に行われ、今回で9回目。まずは、ヨーグルトの種類や食べるタイミングから紹介します。


ヨーグルト(飲むタイプのヨーグルトは除く)を「ほとんど毎日」食べると回答した人は約30%。ついで「週に3~4回程度」が約11%、「週に1~2回程度」は約14%と続き、約半数以上が週に1回以上はヨーグルトを食べていることが分かりました。


中でも人気なのは「プレーン・無糖タイプ」が58%を占め、「フルーツの果肉やソース入りタイプ」は約34%という結果に。また、これらを食べる場面としては「朝食後のデザートとして」の回答が約33%と最も多く、そのほかに「おやつとして」「小腹が空いたときに」など間食として取り入れているといった声もありました。

 

美容や健康を意識してヨーグルトを食べる人が多い
続いて、ヨーグルトを食べる理由について聞いてみました。


その理由として、「健康によい」「おいしい」といった回答が約50~60%を占め1位に。次いで「胃腸の調子を整えるため」が41.7%、「体の免疫力増強」や「便秘を防ぐ・便通をよくするため」が各20%台といった結果になりました。

 

特に、「体の免疫力増強」を目的としてヨーグルトを食べる人は、2018年よりも増加しているのが特徴として見られました。また、女性は比較的美容や便通を意識してヨーグルトを食べていることが分かりました。
 
味はもちろん、健康や美容を意識して積極的にヨーグルトを摂取している人が多いようです。

 

今回垣間見えた、みんなのヨーグルトの食べ方。リモートワーク中のおやつにもぴったりなので、ぜひ日々の生活に取り入れてみませんか?

 

【参考】【ヨーグルトに関する調査】食べる理由は「健康によい」「おいしい」がヨーグルトを食べる人の5~6割、「胃腸の調子を整える」が4割強。2018年より「体の免疫力増強」は増加 - PR TIMES

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com