セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【疲れ解消】夏の疲れを残さない生活の仕方とは!?

今の季節を元気に過ごすための生活の仕方をご紹介します!

f:id:washizugo:20210427175916j:plain

〇疲労を慢性化させない
疲れを放置しない事が大切!
睡眠で回復するような「疲労」は心配いりませんが、長く続く疲労の場合はさまざまな病気にかかりやすい状態となるので注意です!!


夏の疲労は放っておくと慢性化しやすいので、疲れを感じたらストレスや不眠を早めに解消しましょう。生活リズムを整えることが大切です。栄養素ではエネルギー産生を高めるビタミンB群や酢、筋肉疲労によいアミノ酸、慢性疲労には高麗人蔘がよいとされてます。


〇夏の終わりの養生ポイント
・足を温める・汗をかく、入浴、マッサージ
夏の後半はエアコンを使う機会を減らし、汗をかくことで体を冷やすようにしましょう。イライラは血液を頭に集めるので、自分の好きな香りのアロマオイルなどを焚いてリラックスできる環境づくりを心がけましょう。入浴で足をよく温め、ふくらはぎや足首をもんでみましょう。

 

・胃腸はいつも軽く、温かく温かい食事と複式呼吸がよい
胃腸が冷えて重たいと、慢性疲労の原因となります。暑くてもアイスコーヒーやそうめんなどの冷やすものは控え、温かいもの(白湯、カフェインなしのお茶)を摂るようにしましょう。腹部を中心に膨らませたり、へこませたりする腹式呼吸の習慣をつけることも、胃腸の冷えには有効です。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com