セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【健康な食生活】決め手はGI値!?やはり糖質の過剰摂取は危ない!?

【医者も知らない医学の新常識】 

f:id:washizugo:20201227204711j:plain

世代を超えて…祖母の喫煙で男子孫の喘息リスクが4割アップ 

 同じカロリーを取っていても、太る人もいれば太らない人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか? 

 

 体の代謝や運動量も重要な要素ですが、もう一つ重要なのは食品の「GI値」かもしれません。

 GIはグライセミック・インデックスの略で、その食品に含まれる糖質がどれくらい吸収されるのかを示した指標です。たとえばブドウ糖を100とした時に、白いパンは70以上と高GIの食品ですが、ライ麦パンはGI値が50と低GIの食品です。

 

 こうした個々の食品のGI値は、ネットなどで簡単に見ることができます。同じ糖質の量であっても、食物繊維が多いと吸収は緩やかになるので、それだけ血糖値の上昇も抑えられるのです。つまり、同じカロリーでも低GIの食品を選んで取ることが、体重を増やさない秘訣なのです。

 

 今年の「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」という一流の医学誌に、世界5大陸20カ国の13万人以上の一般住民を10年近く観察した、興味深い研究結果が報告されています。それによると、低GIの食事と比較して高GIの食事を取っていると30%以上、心臓病や脳卒中などのリスクが増加していて、そうした病気の既往のある人では50%以上も増加していたのです。

 

 GIの低い食品を選んで食べることが、長生きへの一番の早道であるのかもしれません。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com