セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。リハビリテーション・医療・介護をテーマに更新。アツい男としてデイを盛り上げていきます!

体が硬い原因は!?柔軟性を高める方法を紹介!

年をとるとカラダが硬くなるという話は本当でしょうか? 

f:id:washizugo:20190209091203j:plain

大人と違って赤ちゃんは体が柔らかい、年齢とともに硬くなっていく、お酢を飲むと体が柔らかくなる……さまざまな説が広まっています。なぜカラダは硬くなるのでしょうか。そのメカニズムと対策をご紹介します。

 

カラダが硬い=筋肉によって関節の可動域が狭くなっている
「カラダが硬くなる」というのは、正確にいうと「関節の可動域が狭くなる」ということ。筋肉、骨、関節、靭帯などの関節周囲にある組織などさまざまな部位の要因が考えられますが、可動域が低下してしまう原因の多くは筋肉によるものです。

・原因1 筋肉の萎縮

f:id:washizugo:20190223162433j:plain

 筋肉は使わなければ衰え、筋肉を構成する筋線維も短く細くなっていきます。骨折などでギプス固定をした人は経験があるかもしれませんが、長期間動かさなければ筋肉は委縮し、関節はほとんど動かなくなってしまうのです。程度の差こそあれ、運動不足などによって動かさない筋肉は同じように硬くなっていきます。

 

・原因2 筋肉の緊張

f:id:washizugo:20190223162455j:plain

 可動域は一時的に低下してしまう場合もあります。それは、筋肉の緊張によるものです。たとえば草むしりなどでしゃがんだ状態を長時間続けた後、立ち上がったときに腰が伸びないなど。同じような作業を長時間行った場合、筋肉の疲労によって緊張が高まり、柔軟性を著しく低下させます。

 
 この場合、ある程度の時間が経てば改善することが多いでしょう。ただし、同じような状況を繰り返すことで筋緊張が取れず、だんだん硬くなってしまうということも起こり得ます。

 

・原因3 ケガや病気の影響

 ケガなどによって関節自体や靭帯、関節包などの組織が損傷してしまうと、後遺症で組織が硬く動きにくくなってしまう場合があります。ケガの痛みはなくなっても、完全に元の状態に戻るということはありません。組織同士の癒着や組織の肥厚など、少なからず何かしら変化は起きているのです。

 

 また、加齢とともに起こる変形性関節症のような疾患も、可動域に大きく関わります。痛みが出ていなくても変形が進んでいることもあり、それらの変形によって可動域が制限されているということもあるでしょう。

 

カラダを硬くする日常生活での行動

カラダが硬いと感じる人が見直したいポイント
 このような原因の多くは、日常生活での行動にあります。カラダが硬いと感じる人は、まず生活スタイルを見直してみましょう。

 

・同じ姿勢でいることが多い

 デスクワークなど仕事や勉強で同じ姿勢を続けることが多い人は、筋肉を動かす機会が少なく、柔軟性が低くなりがちです。普段から運動を心がけている人なら問題ありませんが、まったく運動しないといった人はカラダが硬くなる一方といえるでしょう。たとえ仕事でカラダを動かしている人でも、いつも同じ動きであれば使っていない筋肉は硬くなってしまうので要注意です。

 

・トレーニング前後のケアが不足している

 日頃からトレーニングをしている人でも、トレーニング前後のカラダのケアが不十分であることで柔軟性が低下している人が多いようです。特にトレーニング後はケアが重要。ストレッチなどを行うことは、筋肉の疲労を改善することともに柔軟性の向上にも繋がります。

 

・寒さなどの環境による要因

 寒さや湿気など血行に影響する外的要因は、柔軟性に大きく関わります。ただしこれらの外的要因は、自分でコントロールすることができません。そのため、血行が悪くならないよう着るものに気をつけたり、保温を心がけるといった対策を行うようにしましょう。

 

カラダの硬さに年齢は関係ない?
 年をとるとカラダが硬くなるというのは、年齢が原因ではありません。その多くは、運動不足などによる筋委縮・筋緊張などが原因なのです。

 

中には「子どもの頃はあんなに柔らかかったのに」「赤ちゃんはあんなに柔らかいのに」と思われる方もいるでしょう。これは、子どもの時期はカラダの成長が完成されておらず、関節や関節周囲の組織がしっかり完成していないため柔らかいのです。そのため、子どもの頃と比べるのは意味がありません。

 

柔軟性を高め、カラダを柔らかくする方法
 カラダを柔らかくするには、運動を行うしかありません。皆さんもご存知の通り、柔軟性を向上させるにはストレッチ、中でもスタティック・ストレッチが効果的です。このストレッチの効果を高めるためには、運動後や入浴後など、筋肉の温度が上がっているときに忘れず実施するとよいでしょう。

f:id:washizugo:20190223162619j:plain
カラダはすぐに柔らかくなるわけではない
 柔軟性は、筋力と同様、すぐに向上するものではありません。特にカラダが硬くなりやすい人やケガしたことがある人は、かなり時間がかかることを覚悟しておいてください。しかし、継続して行っていれば、誰でも柔らかくなります。

 

 柔軟性の向上は健康にも役立つことです。日頃から運動を取り入れ、柔らかいカラダを作りましょう。参考にしてみてください。セラピストGoGo

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com