セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【バターでストレスリセット】日の出時間におすすめ!?

「軟酥(なんそ)の法」を紹介します。

f:id:washizugo:20210427175916j:plain

これは、最近流行っている一種の瞑想のようなもので、ストレスまみれの体をすっきりリセットしてくれるんです!

 

「軟酥(なんそ)の法」って?
教えてもらった当時は、先生が一体何をしたいのか全く理解できなかったのですが(笑)、言われるがままに実践したところ、子どもながらにその効果を実感でき、20年経った今でも覚えているほどです。

 

いつでもどこでも実践できますが、これを「日の出鑑賞とセット」で行うと、朝日の力も相まってより効果を感じられます。

 

ぜひ、日の出時間にぜひセットで実践してみてください!

 

それでは早速、実際にやってみましょう!

 
【1】リラックスできる場所で椅子に座ります

【2】深くゆっくり呼吸しながら目を閉じ、斜め上を見るように少し顔を上げます

【3】ここからは以下の通りに自分の頭の中にイメージを描いていきます。呼吸は深くゆっくりのままです

 

「軟酥の法の”軟酥”とはやわらかいバターを意味しています。その温かくやわらかいバターがあなたのおでこに乗っています。

 

温かいバターはあなたの体温でさらにやわらかく溶け出し、優しい香りを漂わせながら、少しずつ体に染み渡っていきます。

 

そのバターはあなたの頭の中にある疲れや嫌な感情をすべて押し流し、頭から首、肩、そして全身を満たしながら流れていきます。

 

ゆっくりゆっくり体を満たしながら染み渡り、最後には足の裏から疲れや嫌な感情をすべて押し出していきます。あなた自身は温かいバターに満たされ、優しい香りに包まれます。」

 

【4】イメージし終えたら、ゆっくり息を吐きながら目を開きます

いかがでしたでしょうか?すっきり出来ましたか?

 

バターというのがまたいいですよね(笑)。私はバターが大好きなので、この軟酥(なんそ)の法を行うと、すごく心が満たされます♪

決して「ベタベタになりそう…」なんて、現実的な想像をしてはだめですよ(笑)!

 

実はこの軟酥の法、江戸時代に白隠禅師という方が生み出した健康法で、古くからたくさんの方が実践してきた瞑想法とのこと。医学的な根拠はないものの、一日の始まりに心を明るく穏やかに切り替える一つの方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは今日もよい一日を!

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com