セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

健康的な睡眠習慣を作る方法はちょっとしたコツ!?

私はこれまで、くだらない理由でさんざん夜更かしをしてきました。

f:id:washizugo:20190223162455j:plain

ときには、見込み違いのせいでそうなることもあります。たとえば、やるべき仕事を片づけようとしたものの、疲れすぎていて集中できなかった、というような。

 

でもたいていは、単なるなりゆきです。Netflixを見はじめてしまったからそのまま見つづけるとか、今夜は本を読みたいとおもっていたけれど、今の今まで読むチャンスがなかったとか。

 

そうした判断がまずかったとしても、それをその場で見極めるのは驚くほど難しいのです。夜遅くなると、私は頭が冴えてきます。要するに、私は夜型であり、朦朧としてきた意識のなかでようやく後悔を感じるのは、翌朝になってからなのです。

睡眠習慣を作る質問
そこで、自問することにしました。この方法は、カルガリー大学の教授で、睡眠とパフォーマンスの研究をしているAmy Bender氏にインスパイアされたものです。その質問とは、「それをするためなら、早起きしようという気になるか?」というものです。

f:id:washizugo:20181223101716j:plain
本当に大事なことなら、あるいは、それほど時間のかからないことなら、それをするために早起きしようという気になりますよね。

 

私は昔、学校のレポートを仕上げるために、よく夜更かしをしていましたが、知り合いの中には朝型の人もいました。

 

私と違って彼は、分別のある時間にベッドに入り、目覚ましをセットして、とんでもない早朝に課題を仕上げていました。それはそれで、よい方法ですね(たぶん、彼が早朝に仕上げるレポートのほうが、私が夜遅くに仕上げるレポートよりも、よく書けていたはずです)。

 

自問することで夜更かししたい欲望を抑える
いずれにしろこの質問は、たいていの場合、自分がまずい判断をしそうだという事実を、まるで朝の明るい光で照らすように、はっきり浮かび上がらせてくれます。

 

たとえば私の場合、どうでもいい映画を見たり、編みものをしたりして1時間を過ごすために、いつもより早く目覚ましをセットしようという気にはなりません。その質問の答えが明らかに「いいえ」なら、もう寝る頃合いですよね。

 

参考にしてみてください。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com