セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。施設長としての活動では施設の管理、他職種との連携。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

【料理】香辛料が効いた!本格「四川風麻婆豆腐」で「食欲増進」「代謝亢進」

〇今回は料理研究家コウケンテツさんのレシピを少しアレンジし、初心者でも簡単に作れるように調理しました!試行錯誤を重ねながら辿り着いた本格派の四川風麻婆豆腐です。
 
〇レシピ(材料2人分)
  • 豚ひき肉150g
  • 絹ごし豆腐1丁
  • 長ねぎ10cm(みじん切り)
  • ニンニク・しょうが各1片
  • 花椒(ファージャオ)小さじ1
  • A酒大さじ1
  • A醤油大さじ1
  • A味噌小さじ1
  • A砂糖小さじ1
  • A水2分の1カップ
  • ごま油大さじ2
  • 水溶き片栗粉小さじ1(水小さじ2で溶く)
  • 豆板醤大さじ1
 
〇作り方
・ファージャオ(山椒のようなピリッとする香辛料で、とても香りがいい!スーパーに売ってます。)を弱火で乾煎りして、包丁で粗く刻みます。

f:id:washizugo:20181011204228j:image

 

フライパンにゴマ油熱し、にんにく、しょうが、豆板醤を炒めます。香りがたったらひき肉を加えて軽くほぐしながら炒めます。

f:id:washizugo:20181011204248j:image

 

・Aを加えて煮立たせ、2cmほどに切った豆腐を入れてさっと煮ます。長ネギを加えて、水溶き片栗粉を回し入れて手早く混ぜ、ごま油少々(分量外)、炒ったファージャンを加えます。

f:id:washizugo:20181011204239j:imagef:id:washizugo:20181011204258j:imagef:id:washizugo:20181011204312j:imagef:id:washizugo:20181011204322j:image

 

(washizugo)料理のポイントはファージャンを弱火でじっくり乾煎りして香りを出すと仕上がりの味がとても良くなります。豆腐は今回染み込みやすいように絹ごし豆腐を使っているが木綿豆腐でも大丈夫です。絹ごしの方が口当たりが滑らかで少しだけ辛さが軽減されます。ぜひ参考にしてみてください。皆様の明日がより良いものになりますように。セラピストGoGo

 

 

 

washizugo.hatenablog.com

washizugo.hatenablog.com

washizugo.hatenablog.com