セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及する中での、苦悩や工夫を記録。施設長としての活動では施設の管理、スタッフとのコミュ二ケーションや他職種との連携、周辺施設への外回り、経営管理。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

【成功】「恐怖」を乗り越えてつかむ成功方法

限界を自分で決めてはいけない

f:id:washizugo:20181101185435j:plain

〇誰しもが、恐怖にとらわれた状態あるいは恐怖そのものを回避しようともがいている状態で、過ごした経験があるのでは無いでしょうか。あなたも自分に正直になれば、恐怖の回避にどれだけ時間と労力を費やしているかがわかるはずです。実際のところ、恐怖は排除できません。恐怖は、進化によって獲得された生き抜くためのツールであり、DNAに組み込まれていて。脳でいえば大脳辺縁系の偏桃体が情緒を司どり、恐怖を感じさせるところとなります。


〇それでは成功する人、つまり大胆に生きる人がいる一方で、平凡な人生を送る人がいるのはなぜでしょう。その理由は、成功している人は恐怖との付き合い方を知っているということです。あなたが大胆に生き、そして本当に望む人生につながる大胆な決断を下したいのであれば、自分の恐怖について理解しなければなりません。恐怖の力を低下させて、望み通りの結果を得るためにです。


1. 十分でないことへの恐怖
〇私たちの社会、とくに消費社会では、自分は十分ではないと感じるようにできています。「昇進さえできれば、会社を売却できれば、100万ドル稼ぐことができれば、メルセデスの車を買うことさえできれば、そうなれば私は十分になるだろう」。私たちはこのような思考を持っています。こうした思考回路の問題点は、どれだけ金や成功、モノを手に入れても、決して満足できないことです。心の声が聞こえなくなることはありません。家を購入したら、自分の家より大きい家が目に入るようになる。あるいは、家を2つ所有する人が目に入るようになる。そうした思考に終わりはない。

f:id:washizugo:20181101190210j:plain
(washizugo)実際は、あなたは今のままで十分です。自分の外の世界で何かを探し続ける必要はありません。この事実さえ受け入れられれば、あなたは自由に好きなことができるようになるでしょう。好きなことを見つけて、思いっきりそれに取り組んでください。そうすれば、あなたにしか手にできない喜びに変わり、充実感に包まれるでしょう。


2. 結末がわからないことへの恐怖
〇実際のところ、生涯に起きる大部分のことは結末がわかりません。それでもあなたは、人生のあらゆる側面で、結末を知らないまま前進を続けています。大胆な行動も、それと異なるわけではありません。たとえば、結果を読むことができないという理由で新しいビジネスを始めない人でも、結末のわからない映画は見ることができます。スポーツはどうでしょう。試合開始の時点では勝つかどうかわからないが、それでもあなたはプレイするはずです。


(washizugo)大胆な行動が映画鑑賞より難しい唯一の理由は、決断の結果に意味を求めていることです。あなたは決断の結果に、自尊心やアイデンティティーという意味を求めています。そうした意味づけを捨てるのは口で言うほど容易ではないが、映画鑑賞と同じように扱えば、大胆に行動できるはずです。


3. 悪い印象を与えることへの恐怖、あるいは良い印象を与えないことへの恐怖
〇自分と向き合う時間を取って自分に正直になれば、他者から良く見られること、あるいは悪く見られないことに自分がどれだけエネルギーを費やしているかがよくわかります。私たちは、自尊心やアイデンティティーを他者の評価に委ねすぎています。それは、意識的かどうかにかかわらず、良く見られるための行動として表れています。


(washizugo)このような考え方を改めるための鍵は、自分の意識の焦点を自分に戻すことです。自分自身のために生き、自分に正直に行動してみよう。そうすれば、自分の力を他者に与えてしまうのではなく、自分に取り戻すことができるはずです。


4. 失敗することへの恐怖
〇新しいビジネスやキャリアに思い切って飛び込むのは怖いものです。あまり一般的でない道を選択して、大胆に生きるのは怖いものです。決断が失敗に終わる可能性が少しでもあれば、なおさら怖いでしょう。気づいている人はほとんどいないが、失敗への恐怖は、十分でないことへの恐怖や悪い印象を与える恐怖から始まります。

 

(washizugo)繰り返しになるが、あなた自身(とあなたのアイデンティティー)は、結末から切り離さなければなしません。実際のところ、生涯に起きる大部分のことは結末がわかりません。だから、大胆に生きることに集中したほうがいいのです。


5. やり方がわからないことへの恐怖
〇考えてみてほしい。あなたは、これまでの人生のあらゆることについて、最初はやり方を知らなかったはずです。歩き方、話し方、自転車の乗り方、キスのやり方。何も知らなかったはずなのに、あなたはそれらをすべて行動しました。起業や転職が例外である理由などあるでしょうか。


(washizugo)人生もビジネスもキャリアも「やり方を学ぶ」プロセスです。だからこそ、多くの人はその過程を、より洗練された素晴らしいものにしようと努力します。それは、じつはとてもシンプルなことです。学ぶ楽しさを今一度認識してみてください。皆様の明日がより良いものになりますように。セラピストGoGo


*   *   *
人間の経験から恐怖を排除することはできない。人は生き抜くため、恐怖を感じるようにつくられている。恐怖が消え去ることはない。恐怖を生み出す心の声も同様だ。
恐怖を打ち負かすための努力や、恐れ知らずになるための努力はやめよう。その代わり、こうした恐怖の中に飛び込み、恐怖への執着を減らす努力をしてみよう。
その向こうには何があるのだろうか。答えは「自分の夢を意識し、大胆に生きるための勇気」だ。まずは5つの恐怖について考え、自分の中の大胆に前進する勇気を探してみよう。原文はこちら(英語)。
(執筆:Andrew Thomas/Founder, Skybell Video Doorbell、翻訳:米井香織/ガリレオ)より加筆修正した記事になります。セラピストGoGo

成功哲学

成功哲学

 
非常識な成功法則【新装版】

非常識な成功法則【新装版】

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com