セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【認知】日常生活の中でできる脳トレとは!?

  「最近忘れっぽい」「うっかりミスが多い」…。

f:id:washizugo:20210427174900j:plain

心当たりのある人は、脳の働きが低下しているのかも。日常生活の中で脳を活性化させる方法をご紹介します。

 

何歳からでも脳は鍛えられる
脳の機能は20歳ごろをピークに徐々に衰えていくといわれていますが、「歳をとれば、脳は衰える一方だ」とあきらめる必要はありません。

 

最近の研究では、脳をきちんと鍛えれば、いくつになっても成長し続けることが明らかになっています。日常生活の中で、少しずつ脳を活性化させましょう。
 
機能別、脳の鍛え方

脳の細胞群は大きく8つに分かれており、場所(脳番地)によって役割が異なります。

自分のウィークポイントを知って、その部分を重点的に鍛えることが大切です。

 

●思考系脳番地
思考や判断力に関わります。ここが衰えると、判断力や決断力が鈍ります。


・鍛えたいときは旅行の計画を立てる。冷蔵庫にあるもので料理を作る。


●感情系脳番地
喜怒哀楽などの感情に関わります。ここが衰えると、他人の心の動きに鈍感になり、周囲から孤立することも。何を見てもつまらなく感じて、無表情になりがち。


・鍛えたいときはペットや観葉植物に話しかける。鏡の前でにっこり笑う。


●伝達系脳番地
コミュニケーションに関わります。ここが衰えると、言いたいことを上手に伝えられず、会話が続かないということも。


・鍛えたいときは相手を積極的に褒める。ブログを書く。

 

●運動系脳番地
身体を動かすこと全般に関わります。最近不器用になった、字が下手になったという人はここが衰えているかもしれません。


・鍛えたいときは利き手と反対側の手で歯磨きをする。散歩や運動を習慣化する。


●記憶系脳番地
記憶を司ります。ここが衰えると相手の名前が覚えられなかったり、物忘れが多くなったりします。

 

・鍛えたいときは語学の勉強。地図アプリを使わずに、長い距離を歩いてみる。


●理解系脳番地
外からの情報を理解し、役立てることに関係しています。整理整頓やマルチタスクが苦手な人は、ここが衰えているかも。

 

 

・鍛えたいときは部屋の模様替えをする。電車の中で見かけた人の心理状態を推測する。


●聴覚系脳番地
耳からの情報に関わります。ここが衰えると、聞き間違えが多くなり、何度も聞き返すことに。


・鍛えたいときはラジオを聴く。


●視覚系脳番地
目からの情報に関わります。ここが衰えると、人の顔が思い出せなくなったり、周囲の変化に気付きにくくなったりします。


・鍛えたいときは電車に乗って外を見るときに「数字を見つける」などのルールを決める。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com