セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。リハビリテーション・医療・介護をテーマに更新。アツい男としてデイを盛り上げていきます!

【脳】楽々に記憶力アップに最も効果的な方法!?

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』。1月21日(月)は、お休み中の別所哲也に代わり、宮本絢子がナビゲーターを務めました。

f:id:washizugo:20181128215022j:plain

ワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」では、記憶力がアップする最も効果的な方法を、精神科医・樺沢紫苑さんが伝授しました。

樺沢さんによると、記憶力のアップに最も効果的なのは、記憶したことを人に教えることだそう。

樺沢:アメリカ国立訓練研究所の研究によると、人が何かを学ぶ時に最も記憶に残りやすく定着する方法は、次のような結果になりました。

1位 人に教える:90パーセント
2位 体験を通した学習:75パーセント
3位 グループ討論:50パーセント
4位 実験教材:30パーセント
5位 知覚教材:20パーセント
6位 読む:10パーセント
7位 講義:5パーセント

 

樺沢:また、ロンドン大学の研究では、あるものを暗記してもらう実験で、「終わったあとにテストをします」と言ったグループと、「終わったあとに、ほかの人に教えてもらいます」と伝えたグループとでは、「ほかの人に教えてもらう」と伝えたグループのほうが高い点を取ったことがわかりました。

f:id:washizugo:20181207225633j:plain

つまり、人に教えることを前提に勉強するだけで記憶力がアップして、学びの効果が上がるというわけです。人に教えるためには、自分自身がしっかり理解していないといけないので、自分の不十分な点が明確になり、補うための勉強をすることになります。

f:id:washizugo:20190126095726j:plain

教えることはアウトプットであり、フィードバックであり、さらなるインプットでもあります。自己成長の3ステップを全て含んだ三位一体の“最強のアウトプット術”といえます。ぜひ参考にしてみてください。

 

樺沢さんの話を詳しく知りたい方は、著書『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)を手にとってみてください。セラピストGoGo

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com