セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。リハビリテーション・医療・介護をテーマに更新。アツい男としてデイを盛り上げていきます!

【健康】理学療法士オススメの「筋膜リリース」で腰痛を改善!

 

最近話題になっている筋膜リリースとは?肩こり・腰痛の改善に効果的な筋膜リリースについてご紹介します。

f:id:washizugo:20181215110007j:plain
30~40代女性の体の悩みは様々ありますが、肩こり・腰痛もそのひとつ。家事・育児の他、最近はスマートフォンを長時間使うことで、目の疲労が肩や腰に影響することも増えています。

 

そこで今回、おすすめしたいのは「筋膜リリース」。
最近、テレビや雑誌などでよく取り上げられるようになりましたが、皆さんはご存じですか?

f:id:washizugo:20181215110033j:plain

「知らない」とか「名前だけは聞いたことあるけど、よくわからない」という人が多いと思いますが、WEB上でも「ずっと悩んでいた肩こりがなくなった!」といったコメントがたくさん並ぶくらいですから、まずは試してみる価値ありですよ。


筋膜とは?
「筋膜」は、筋肉を包む膜のこと。筋肉を構成する細胞(筋線維)の1本1本を包む層から、その集合体である筋肉全体を包む層、さらには皮膚のように全身を包み込む層まで、何層にも重なってまるで網の目のように全身に張り巡らされています。

 

筋膜は、主にコラーゲンの線維でできていて、通常の状態であれば、筋肉や体の動きに合わせて自在に形を変化させ、元の形に戻ることができます。

 

ところが、同じ姿勢が続いたり、特定の部位の筋肉が働き続けたりすると、部分的によじれが生じたり水分を失って固まったりしてしまい、筋肉や体の動きを阻害するようになります。そして、その影響は他の部位にも伝わっていき、関節などの痛みにつながっていくのです。

筋膜リリースの効果
「筋膜リリース」とは、固まってしまった筋膜をほぐして本来の状態に戻してあげることです。

f:id:washizugo:20181215110415j:plain

体を伸ばすストレッチのような方法から、フォームローラーやテニスボールなどで体を押すような方法がありますが、どちらも筋膜を持続的に伸ばしてあげることで、よじれて固まってしまった筋膜を解きほぐしていきます。

 

通常のストレッチが筋肉を外からの力で「伸ばす」という感覚が強いのに対し、筋膜リリースは筋膜を伸ばした状態を数分間キープすることで筋膜が自然とほぐれてくるのを「待つ」という感覚です。


筋膜リリース!エクササイズ
それでは、筋膜リリース効果のあるエクササイズを行っていきましょう。
今回は、多くの女性が悩まされている肩こりと腰痛の改善につながるエクササイズをご紹介します。

 

どちらのエクササイズも、グイグイ伸ばそうとするのではなく、ゆったりとした呼吸でジワーッと伸びてくるのを待つのがポイントです。


肩こり改善 筋膜リリース
1.イスに浅く腰かけ、背すじを伸ばします。
2.左右それぞれの手で反対のひじをつかむようにして、腕を組みます。
3.腕を組んだまま、斜め下方向に突き出すようにして30秒間キープします。
4.続いて、両手を離して、腕の角度は変えずに両ひじを斜め上方に引いて30秒間キープします。

5.再び腕を組み、今度はまっすぐ前方に突き出すようにして30秒間キープ。
6.「4」と同じように、まっすぐ後方に両ひじを引いて30秒間キープ。
7.もう一度腕を組み、次は斜め上方に突き出すようにして30秒間キープ。
8.「4」と同じ要領で、両ひじを斜め下方に引いて30秒間キープ。

※いずれの動きも、腕は同一面上を滑らせる感じで行いましょう。
※腕を前に突き出すときは肩甲骨まわりが、ひじを後ろに引くときは胸まわりがじんわり伸びているのを感じながら行いましょう。
※余裕があれば、それぞれのポーズで1~2分ずつキープしてもOKです。

 

腰痛改善 筋膜リリース
1.四つんばいの姿勢から、右ひざを少し前に出し、左足を後方に伸ばします。
2.腰から頭のてっぺんまでを斜め上方にまっすぐ伸ばし、腰の重みで左の股関節の前面が伸ばされるのを感じながら30秒間キープします。
3.さらに、上体を右にひねりながら左の股関節を床に近付けるようにして30秒間キープします。
4.反対側でも同じように行って、左右交互に3回ずつ繰り返します。

※あごが上がったり腰が反ったりしないように気を付けます。

※余裕があれば、それぞれのポーズで1~2分ずつキープしてもOKです。

 

(washizugo)いかがでしたか?私たちの体は、動かさないでいるとゆがみが発生して、痛みにつながり、余計に動かさなくなるという“悪循環”にハマってしまいます。ですから、一日の生活の中でちょくちょく体を動かすようにし、それでも固まってしまった筋膜はリリースしてあげて、つらい肩こりや腰痛を改善していきましょう!皆様の明日がより良いものになりますように。セラピストGoGo

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com