セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【かつお節凄い!】たんぱく質不足は「かつお節」で解決!?

近年、日本人のたんぱく質不足が指摘されているが、特に朝食における摂取不足が深刻だという。

f:id:washizugo:20211206082407p:plain

まずたんぱく質は朝食時に不足する一方で、夕食時の摂りすぎが顕著だとも言われている。

 

そこで杉本先生は「問題解決のためには、夕食で摂りすぎている分をうまく朝食に持っていくことで、バランスをとる必要があります」と指摘。

 

食生活の改善は身近な一歩から
さて、食生活を改善する場合、最初から高い目標をかかげて、完璧な朝食をとろうとしても容易ではない。

 

そもそも朝食を食べる習慣がない人は、まず、何でもいいから口に入れることから始めたい。

 

杉本先生 体の内臓機能を目覚めさせるために、たとえコーヒー1杯でも、何かしらとることがはじめの一歩です。そこから少しずつステップアップしていくよう心がけましょう。

 

こうした自覚が芽生えてくればこっちのもの。自分の体調の変化に敏感になって、朝食を食べるのが楽しくなってきます。

 

食べる楽しさがわかってきたら、次に不足しているたんぱく質をどう足していくか、その発想を楽しむことが大切だという。

 

杉本先生 何でも習慣化することが大切です。続けるためには、やはり気軽に楽しむことが一番。難しく考える必要はありません。

 

主食がトーストなら、そこに卵やハム、ヨーグルト、牛乳など、いろいろなたんぱく質を加えることをちょっとだけ意識してみましょう。

 

カツオ節はたんぱく質に加えて必須アミノ酸も豊富

ここで杉本先生が薦めるのが、なんとカツオ節。「やわらかな口ざわりで料理にも使いやすい『ソフトけずり』タイプが最適です」(杉本先生)

 

カツオ節は身近な食品だが、実は成分の約70%がたんぱく質でビタミンB群、ビタミンE、ビタミンDなどのビタミンに加え、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛なども豊富。

 

さらにカツオ節10gで1日に必要な必須アミノ酸の約1/3を摂取できるという。

杉本先生 「たんぱく質、豊富な種類のビタミンとミネラルに加え、必須アミノ酸までも簡単に摂取できるという点で、カツオ節は食品として優れているといえます。一般の人はもちろん、アスリートも意識して朝食に取り入れるといいですね。

 

ソフトけずりのカツオ節の優れたところは、何にでも手軽にかけられること。冷奴にかけるなどの定番だけでなく、朝食で食べるトーストやマフィン、フランスパンなどいろいろなものにかけてみるだけで、新しいおいしさを発見できますよ」

 

かつお節ポテトサラダサンドがおすすめ!

1)ボウルにポテトサラダとかつお節(ソフトけずり)を入れ混ぜる。

(2)トマトの輪切りを半分に切り、半円型にする。レタスは食べやすい大きさにちぎる。
(3)ロールパンの中央に切り込みを入れ、(1)と(2)をはさむ。

 

是非!参考にしてみてください!

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com