セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【変形性膝関節症】理学療法士が教える!関節軟骨と半月板について!

厚生労働省のデータによると、65歳以上の3人に1人が、ひざのトラブルを抱えています。

f:id:washizugo:20190112090830j:plain

ひざ痛の代表的な病気が「変形性膝関節症」です。なぜ「変形性膝関節症」になってしまうのか、どうしたら予防や改善ができるのかを、病気に詳しい酒井慎太郎先生に教えていただきました。毎日、家でできるテニスボールを使う1日5分の簡単なひざ痛解消体操にも注目です。


膝は体重がかかりやすく負担が大きい部分
ひざは立つ、かがむ、歩くなどの動作の中心となる部分です。ひざの関節は「大腿骨(だいたいこつ)」と「脛骨(けいこつ)」が接する部分で、二つの骨の先端は「関節軟骨」で覆われていて、「関節液」で潤っています。

 

軟骨と軟骨の間に側面から挟まっているのが「半月板」で、ひざの前面には「膝蓋骨(お皿)」があります。

 

「ひざは腰と同じように、体重がかかりやすい部分。負担をかけ過ぎると、ひざに痛みが生じる『変形性膝関節症』になることがあります。主な原因は『運動不足』と『悪い姿勢』です」

f:id:washizugo:20181214220434j:plain

 

「運動不足」「悪い姿勢」でクッション機能が低下
あまり足を使わない「運動不足」の生活では、足の筋肉が衰えます。特に、太ももの内側のひざに近い筋肉は、使う機会が少なく衰えやすいです。そのため、ひざが外側の筋肉に引っ張られて、症状が進むとO脚になってしまいます。

 

「O脚が進行すると、ひざの内側の関節軟骨や半月板の間の隙間が減り、こすれて痛みが出ます。関節軟骨が少しずつすり減っていくため、クッションが利かなくなり痛みが強くなります。すり減ったひざの関節軟骨は元には戻りません」

 

もう一つの原因である「悪い姿勢」とは、下の図のようにひざが曲がっている状態です。「いつもひざを曲げていると、ひざ関節の動きが悪くなります」。ひざの痛みは他に、膝蓋骨と大腿骨の関節がこすれて起こるものなどがあります。腰椎に椎間板ヘルニアがある人は、変形性膝間節症を併発しやすいです。

f:id:washizugo:20181222085920j:plain

ひざを痛めやすい生活習慣とは
〇運動不足で起こる
・ゴロ寝でテレビを見る
日頃からあまり運動せず、家の中で寝転がってテレビばかり見るような生活では、脚の筋肉が衰えてしまう。

 

・駅の階段を上らない
足腰に痛みはないのに、いつも階段を使わずエスカレーターに乗ってしまうと筋肉が落ち、すぐに疲れてますます歩かない悪循環に。

 
(wsahizugo)いすに座り長時間、読書やパソコン作業などをすると、ひざが曲がった状態が続くことになるので、ひざ関節の動きが悪くなる原因に。猫背になって背中や腰をかがめて歩くと、無意識のうちにひざが曲がる。その不安定な状態のひざに、体重がかかってしまう。作業の合間にも、歩いたり、立ち上がることを意識することをおすすめします。皆様の明日がより良いものになりますように。セラピストGoGo

変形性膝関節症は自分で治せる!

変形性膝関節症は自分で治せる!

 
5秒 ひざ裏のばしですべて解決 ― 壁ドン! 壁ピタ! ストレッチ

5秒 ひざ裏のばしですべて解決 ― 壁ドン! 壁ピタ! ストレッチ

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com