セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【ダイエット】蜂蜜はOK?蜂蜜のダイエット効果!?

あなたは、「ダイエット中に蜂蜜ってどうなんだろう?」と思ったことはありませんか?

f:id:washizugo:20210525081653j:plain

蜂蜜はとっても甘く、「食べたら太りそう」と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、蜂蜜は食べる量に気をつければ、ダイエットに効果抜群な食べ物です♪

 

そこで今回は、蜂蜜のダイエット効果や、蜂蜜を取り入れる方法を紹介していきます。

 

ぜひあなたも、甘いものが食べたくなった時には、蜂蜜をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

 

蜂蜜のダイエット効果とは?
では、蜂蜜のダイエット効果を3つ紹介していきます。

もちろん、蜂蜜だけを食べれば痩せるというわけではないので、日頃のバランスの良い食事が必須です。

 

そんなバランスの良い食事の中に、蜂蜜を取り入れれば効果的にダイエットができますよ♪

 

ぜひあなたも、今日から蜂蜜を取り入れてダイエットしてみてはいかがですか?

 
1:血糖値の上昇を抑える
1つ目は「血糖値の上昇を抑える」こと。

甘みを引き出す調味料の代表といえば砂糖ですが、砂糖のGI値は非常に高く、血糖値が上がりやすい食材と言われています。

 

そんな蜂蜜よりもGI値が低い蜂蜜は、血糖値の上昇を抑える効果が期待でき、インスリンの分泌を抑える効果が期待できます。

 

ダイエット中に気をつけるべき点は、血糖値の上昇を抑えられるかどうかです。

食欲増進などにも関係してくるため、ダイエット中は極力GI値の低い食材を使うようにしましょう。

 

2:カロリーを抑えられる
2つ目は「カロリーを抑えられる」こと。

砂糖の代わりに蜂蜜を使用することで、食事などのカロリーをぐっと抑えることができます。

砂糖は100gあたり約400kcalですが、蜂蜜はおよそ300kcalほど。

料理に使う砂糖を蜂蜜に使えば、普段のお料理もヘルシーに仕上がりますよ♪

 

3:便秘解消効果
3つ目は「便秘解消効果」です。

蜂蜜に含まれる糖分により、大腸のぜん動運動を刺激することができるため、便秘解消効果が期待できます。

 

そして蜂蜜には、腸内環境を整えるためのビフィズス菌を増やす効果が期待できるため、腸内環境が良くないと思う女性にもオススメの食材です。

 

砂糖不使用のヨーグルトに蜂蜜を入れれば、甘さを引き出すだけでなく、便秘解消にぴったりの食べ物になりますよ♪

 

ぜひあなたも、便秘解消に蜂蜜を使ってみては?

 

蜂蜜を取りれる方法は?
では、蜂蜜を取り入れる方法を3つ紹介します。

 

ぜひあなたも、自分の取り入れやすい方法で蜂蜜を取り入れてみてください。

きっと、ダイエットがスムーズにいきますよ♪

1:砂糖の代わりとして
1つ目は「砂糖の代わりとして使う」こと。

煮物や炒め物など、普段の料理に砂糖を使っている人も多いですよね。

 
しかし、砂糖はGI値が高いだけでなく、体を錆びさせてしまう原因となるため、あまり使いたくないもの。

 

そこで、味付けに蜂蜜を使い、カロリーをカットしてヘルシーな料理にしていきましょう。

 

微々たるものかもしれませんが、毎日の習慣として取り入れればいつか山になるものです。

 

ぜひ毎日の習慣として、料理に蜂蜜を取り入れてみて!

2:手作りお菓子の味付けとして
2つ目は「手作りお菓子の味付けとして」です。

普段からお菓子を作るという人も、砂糖から蜂蜜に変えることでヘルシーなお菓子に仕上がります♪

 

さらに、砂糖よりも蜂蜜の方が甘さを感じやすいということもあり、甘味料が少量で済みますよ♪

 

普段からお菓子作りをするという人は、砂糖から蜂蜜にチェンジしてみては?

 

3:お湯に溶かして
3つ目は「お湯に溶かして」です。

甘いものが急に食べたくなった時、お湯に蜂蜜を溶かして蜂蜜湯として飲んでみましょう。

 

蜂蜜湯には免疫力をアップしたり、疲れている時の疲労回復、風邪の引き始めなどにも効果があり、健康のサポートもしてくれます♪

 

さらに、甘いのにカロリーが低く罪悪感もなし♪

 

ぜひあなたも、お湯と蜂蜜で手軽におやつを楽しんで♪

 

まとめ:蜂蜜のダイエット効果を取り入れて♪
今回は、蜂蜜のダイエット効果と取り入れ方を紹介しました。

ぜひあなたも、蜂蜜を日頃から取り入れてダイエットをしてみてはいかがでしょうか?

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com