セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【スーパーフード】『ビーポーレン』と呼ばれるモノの正体とは!?

ビーポーレンはミツバチが集めてきた花粉

f:id:washizugo:20210831175849j:plain

元々は伝統的な民間の自然療法としてあったものだが、効能が注目され、世界の美容や健康を気にかける人々の間で、話題になっている。ビーポーレンが、スーパーフードと呼ばれる所以の一つに、栄養価が高いことがあげられる。さまざまなうわさが飛び交うビーポーレンについて、効能や食べ方、注意点をお伝えしたい。


1. ビーポーレンとは何か

■ビーポーレンとは
ミツバチは全身が細かい毛で覆われているので、花から花へと蜜を集めていくと、体に花粉が自然とつく。これらを集めて丸めたものが花粉団子、つまりビーポーレンである。はちみつで摂取することができない栄養素は、ビーポーレンでまかなうことが可能だという。豊富な栄養素が含まれており、少しの量で多くの栄養を摂れることからも、スーパーフードと呼ばれている。


■ビーポーレンの栄養価
ビーポーレンには、ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸類、酵素・タンパク質などのマルチな栄養素が含まれているといわれている。健康や美容、若々しく歳を重ねていきたいと考えている人には、栄養価だけをみると、魅力的なスーパーフードといえる。販売元などの調査によると、高い栄養価があることがわかっているが、国ではビーポーレンに対する調査は、ほかの健康食品と同様に実施されていない。よって現状、効果を保証する根拠は不明である。


■ビーポーレンの大きさ
蜂が採取するビーポーレンの大きさは、米粒大ほどの大きさで、色合いは採取してきた花の花粉によって異なる。カラフルな色合いもあれば、単色のみのビーポーレンも存在する。商品として販売されているものでは、サプリメントに加工しているものもある。

 

2. ビーポーレンの効能と食べ方

■ビーポーレンの効能
ビーポーレンは、ミネラルやタンパク質が不足するダイエット、アレルギー体質・花粉症・アレルギーが大きく関与する喘息の改善に対し、細胞に必要な栄養素を補給し、美容効果や健康維持の期待ができるのではないかといわれている。効能については、医学的根拠はなく、アレルギーのある人にとって有効であるかといえば、リスクが大きい。ビーポーレンの効能を鵜呑みにせず、健康食品、自然食品としてとらえる方が無難だろう。


■ビーポーレンの食べ方
スーパーフードの食べる量については基準がない。摂取する習慣のある地域を参考にすると、最初は数粒から始める。初めて食べる人はお腹がゆるくなることもあるようだ。
その後、慣れてきたらティースプーン1杯~6杯がよいとされている。ビーポーレンは、そのままでも食べられるが、花粉なので粉っぽさや少し苦みを感じることもある。ヨーグルトやスムージーに混ぜる、フルーツにかけるなどが食べやすいだろう。食べる量にとくに上限はないが、アレルゲンになりうる物質の多量摂取はおすすめできない。


3. ビーポーレンの購入方法と注意点

■ビーポーレンはどこで買えるか
スーパーフードといわれるビーポーレンは、通販サイト、天然食品・栄養補助食品を扱う店で購入ができる。はちみつ専門店でも、ビーポーレンを扱っているところもある。意外な場所では、整骨院や施術院などでも扱っているところがある。ネットの通販サイトなら種類も多く購入しやすい。実店舗に関しては、在庫の確認が必要だ。価格は1,000円前後から5,000円ほどのものが多く、まとめ売りもされているが、まずは1つから試してみよう。


■ビーポーレンの注意点
ビーポーレンの可能性を否定するわけではないが、安全性、効果についても現段階では医学的に証明されていないのが実情だ。にもかかわらず販売している背景には、販売側の独自の調査でも、国の一定の基準を満たせば栄養食品として定義されるということがある。


ビーポーレンの摂取期間は、本来短期間がよいといわれている。花粉はアレルゲンになることからも納得である。また、アレルギーや花粉症を持っている人、喘息、血液疾患等を有する人は必ず、医師への相談が必要だ。アナフィラキシー症状が出ることもあると認識しておこう。妊婦や授乳中の方が服用する場合は、子どもに影響を及ぼすことがあるので注意しよう。


結論
スーパーフードのビーポーレンが持つ効能は夢のようである。しかし、リスクも伴うことを理解しておかなければならない。生きていく上で、必要な栄養素がこの小さな粒に詰まっているのなら、活用方法は将来的に大きな可能性を秘めているといえるのではないだろうか。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com