セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。リハビリテーション・医療・介護をテーマに更新。アツい男としてデイを盛り上げていきます!

【リハビリ】関節炎の人に対して筋力訓練を行う5つのヒント!

関節炎の人に対して筋力訓練を行う5つのヒント

f:id:washizugo:20181215122749j:plain

筋力トレーニングは誰にとっても良いことです。関節炎の人にとって特に有益です。

 

より大きなエクササイズプログラムの一環として適切に実施されると、筋力トレーニングは関節のサポートと保護を助け、痛みや硬直感、腫脹を緩和することはもちろんです。

 

しかし、体重トレーニングプログラムを開始するという考えは、多くの関節炎患者にとっては難しいことです。

 

あなたの関節炎があり、あなたの健康ルーチンに筋力トレーニングを組み込みたいのであれば、これらのヒントはあなたが訓練を始めるのを助けることができます。

  1. 理学療法士、理学療法士、または認定パーソナルトレーナーと協力して、あなたのために働く練習を設計し、適応させる関節炎を患っている人々と協力して経験してください。あなたの目標は、筋力トレーニング、運動範囲を広げる柔軟性活動、関節へのさらなるストレス(ウォーターエクササイズや楕円形機械の使用など)を避ける好気性活動を含めることです。
  2. あなたが炎症や痛みに苦しむ可能性が最も低い時間帯のワークアウトをスケジュールします。剛性が最悪の場合は運動を避けてください。
  3. 強度トレーニングセッションを開始する前にウォームアップしてください。あなたがゆっくりとあなたの腕を別の位置に移動して曲げる間、数分間歩く。
  4. 関節リウマチがある場合は、バランスを取り、慎重に運動してください。一般に、少なくとも炎症が緩和されるまでは、活発に炎症を起こした関節で強く訓練するのは避けるべきです。いくつかのケースでは、水トレーニングは筋力トレーニングよりも良い選択かもしれません。
  5. 運動の快適な範囲内で運動する。運動や運動が重大な痛みを引き起こす場合は、やめてください!トレーナーや理学療法士と話し合ってください。

 

この記事は【ハーバード・ヘルス】より翻訳・加筆・修正した記事となります。参考にしてみてください。皆様の明日がより良いものになりますように。セラピストGoGo

ハーバード医学教授が教える 健康の正解

ハーバード医学教授が教える 健康の正解

  • 作者: サンジブ・チョプラ,デビッド・フィッシャー,櫻井祐子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/09/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com