セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【健康】動物性食品をやめた体に起こること!?

 

f:id:washizugo:20210208172051j:plain

食欲への影響
これまで動物性食品を摂取していた人が、食生活からそれらを完全に遮断した場合、食後の満足感は低くなるという。加えて、肉を他の物に置き換えて摂取しなければ、エネルギーや特定の栄養素が足りなくなり、結果普段より食欲が高まることも。多くの人が肉や肉製品の食事を楽しむけれど、それらをやめてミートフリーな日々を送るのも有益かもしれない。もしベジタリアンまたはヴィーガンライフを選択するなら、鉄やタンパク質、カルシウムなど、カットされた分の栄養をきちんと補うことがとても重要。

 

体重への影響
ハッキリしたことはいえないが、体重に影響する可能性はあまりないと言えるそう。ただ、もし肉や肉製品をやめつつ、果物や野菜の摂取量を増やし、5-A-day(1日に5皿分の野菜と200g以上の果物を食べること)を行い、代わりに植物由来の物を食べたり、食物繊維を多く摂って、カロリーの低い食事をするなど、健康的な生活習慣を心がけることで、結果的に体重が落ちることはあるという。

 

体重を減らすことは食生活全般におけることであって、単一の食物や栄養のみをどうこうすることではないということは、重要なので覚えておこう。

 

体力への影響
不足がちになる鉄やタンパク質を十分に補わない限り、疲労や気だるさを感じるそう。肉や肉製品は体中の細胞に酸素を運ぶ、鉄の重要な供給源だから。もし肉食をやめるのであれば、タンパク質や鉄を含む肉の代替食品を摂取することがお勧めだそう。ナッツ、種子類、レンズ豆、豆類、緑色葉物野菜、全粒物や豆腐などが挙げられる。

 

渇望への影響
繰り返しだけれど、肉や肉製品がどれだけ好きで、普段から食して、欲しているかの度合いによるとのこと! 多くの人が肉を食べるのをやめても、その後特に恋しくなったりはしないとか。

 

ただこれは食事計画をしっかりプランし、ベジタリアンの食事に不足しがちなビタミンやミネラルを、 鉄、亜鉛、カルシウム、そしてオメガ3や一価不飽和脂肪酸などのヘルシーファットやタンパク質などできちんと補ったときのみいえることなんだとか。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com