セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。リハビリテーション・医療・介護をテーマに更新。アツい男としてデイを盛り上げていきます!

【あなたの不調は自律神経の乱れが原因!?】自律神経について知識を深めましょう!


「病院に行くまでもないけれど、なんとなくだるい」「最近よく眠れない」「便秘と下痢を繰り返していて胃腸の調子が悪い」などという不調を抱えていませんか?

f:id:washizugo:20190413105515j:plain
現代人は様々な不調:冷え症、便秘・下痢、頭痛、胃腸のトラブル、不眠、うつ、免疫力低下、PMS、更年期障害などに悩まされています。


実は、これらすべての症状の鍵を握っているのは、自律神経なのです。

f:id:washizugo:20190413110158j:plain
この記事では、自律神経に関する基本的な知識や自律神経が乱れる原因を紹介しながら、鍼灸がどのように自律神経にアプローチしていくかを説明していきます。

現代人が知っておきたい自律神経の基本

ここでは、知っているようで意外と知らない自律神経の基本的な特徴や働きを説明していきます。

f:id:washizugo:20190223163524j:plain
なぜ自律神経が大切なの?
自律神経は、様々な内臓器官の働きを調節しています。実は、私たちは「脳が人間の身体をコントロールしている」と思いがちですが、それは誤解です。


日常生活であたりまえに維持している「呼吸、血液循環、消化吸収、新陳代謝、免疫力」などは自律神経がコントロールしています。


自律神経の中枢は脳の視床下部(ししょうかぶ)という場所にありますが、それ以外にも心臓、肺、胃腸、肝臓、膀胱、唾液腺、内分泌腺、汗腺、瞳孔、血管などにも分布していることがわかっています。

 

このように、自律神経は私たちの身体になくてはならない重要な器官なのです。


交感神経と副交感神経の働き
自律神経の重要さが分かったところで、次にその働きを具体的にみていきましょう。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分かれており、この2つは下記のように相反する働きを持っているのです。


交感神経が優位になる→身体がアクティブモードになる
副交感神経が優位になる→身体がリラックスモードになる


交感神経を車にたとえると:エンジンの役割善
副交感神経を車にたとえると:ブレーキの役割


交感神経が1日の中で優位になる時間帯:朝から夕方
副交感神経が1日の中で優位になる時間帯:夕方から夜にかけて

 

 

交感神経が優位になると体はアクティブなり、反対に、副交感神経が優位になるとリラックスモードになります。


スマートフォンがフル作動している状態と、反対に機内モードにして省エネにしている状態に近いですよね。


また、この2つの神経はよく車の機能に例えられます。興奮や活動を促す交感神経はアクセル、リラックスや安定を促す副交感神経はブレーキの役割を持っています。


さらに、1日の流れで見てみると、朝から夕方まで私たちが働いている・活動している時間帯は交感神経が優位になり、夕方から夜眠っているときは副交感神経が優位になっています。

 

自律神経が乱れる原因って何?
これまで、自律神経に関する基本的な知識を紹介してきました。
次に、自律神経が乱れる代表的な原因を4つご紹介していきます。


原因1)ストレスによって交感神経が過剰になる
最初にあげるのがストレスです。


ストレスを感じると身体や頭は対抗しようとして交感神経が優位になります。


ストレスが強かったり、アクティブモードが長く続いたりすると交感神経の働きが過剰になってしまいます。


それによって、だるさや倦怠感、冷えやこり、胃腸の不調などの不調に繋がってしまいます。


◆精神的なストレス:人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安など
◆身体的なストレス:過労、事故、怪我、不快な音・光・温度など


原因2)不規則な生活
交感神経は朝から夕方にかけて優位に働き、副交感神経は夕方から夜にかけて優位に働きます。

 

 

そのため、昼夜逆転の生活や慢性的な寝不足、不規則な生活を送り続けていくと、当然ながら自律神経が乱れてしまいます。


原因3)年齢とともに、副交感神経の機能が低下する
年齢を重ねていくにつれて、ケアをしなければ10年で15%ずつ交感神経と副交感神経のトータルの機能が低下していくことがわかっています。


しかも、交感神経は年齢とともにそれほど低下しないものの、副交感神経は年齢とともにぐっと急降下することが報告されています。


原因4)疾患による影響
疾患によっても自律神経の乱れが引き起こされます。下記の2つが代表的な疾患です。


◆自律神経失調症
◆更年期障害


自律神経失調症は、過剰な精神的・身体的ストレスによって自律神経が乱れる疾患ですが、その症状が現れることによってさらに自律神経が乱れるという悪循環になってしまいます。

 

 

[記事提供:新宿・麻布十番の美容鍼サロン「麻布ハリーク」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。参考にしてみてください。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com