セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【健康】年齢と共に食生活の重要度は上がる!?


コロナ禍で疲れているアナタ、朝ごはんをおろそかにしていませんか?

f:id:washizugo:20200608215315j:plain

朝ごはんは、1日の中で最も大切な食事です。「長生き朝ごはん」を実践すれば、体と心の不調がみるみる消え、免疫力もアップしますよ! 朝ごはんに摂りたい栄養素を網羅した7つの長生き食材とそのレシピを収録。


『長生き朝ごはん - 病気知らずの名医が食べている -』(今津嘉宏、今津美幸/ワニブックス)

 

ほんの少しの心がけ=「朝ごはん」で人生はぐんと豊かになる

中国元代の医学者・忽思慧(こつしけい)が皇帝に進献した『飲膳正要(いんぜんせいよう)』は、薬膳の原典といわれる貴重な書物です。この第一巻に、食養生について次のように書かれています。

 

 「古人曰(いわ)く、仕事へ行く人は、朝に空腹なのは良くない」つまり、「朝ごはんを食べなさい」ということです。

 

 長い人生、つまずいたり、転んだり、いろいろなことが起こるでしょう。事故や天災の被害のように避けられないこともありますが、毎日の生活の質は、ちょっとした心がけで変えることができます。

 

 ちょっとした心がけによって毎日の生活の質が向上すると、人生は、より一層豊かなものになります。その心がけとは何でしょうか?

 

 そう、それは朝ごはんです。人間の一生では、加齢と共に体の働きが変わっていきます。赤ちゃんは、6か月ごろまでに体重が倍に増えます。6か月を過ぎると体重の増加スピードは落ちますが、言葉を覚え、知能と運動能力が飛躍的に伸びます。

 

 10代、20代と体と心の成長に伴ってホルモンバランスも変わっていき、それぞれの年齢にあわせた栄養をとっていくことで、健康な精神と肉体が作られます。

 

 30代を過ぎると、「若いころは食べても太りづらい体質だと思っていたのに、少し食べ過ぎると体重が増加するようになった」という話はよく耳にしますが、40代、50代と年を重ねるにつれ、食生活が体調に与える影響は大きくなります。健康診断の結果や病気も意識するようになるでしょう。

 

 そして60代、70代、80代と、食生活と健康はますます密接な関係になります。食生活をおろそかにして、健康で長生きは決してできません。そしてその中でも、朝ごはんは最も大切な食事です。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com