セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【ダイエット】正しい食べ方でヘルシー美人に!?

誰もが憧れる健康的な人になるには、「消化力」を高めること。

f:id:washizugo:20200502094805j:plain

ヨガと姉妹関係にある伝統医療アーユルヴェーダでは、そう言われています。体内をきれいに浄化しておけば、体にいいことをした時の効果はグンと上がります。デトックスにも栄養補給にも高い消化力が必須です。

 

デトックスから始めよう
体にいいものを食べても消化ができず、未消化物を体に蓄積していては、健やかにはなれないでしょう。きちんと消化できる体にするにはまず、日ごろたまった未消化物の毒素をデトックスします。

 

◇ステップ1「浄化」
必要な栄養を取り込み、不必要なものを排出すること。体の浄化に役立つ食材をご紹介します。

 

・ショウガ
できれば食前30分前に口にしておくと、消化力にスイッチが入り、体の浄化が促される。胃腸の調子が整ったところで食べ物を送り込むことができて、消化がスムーズになる。

 

・白湯
沸騰させたお湯を冷ましながらすするように飲もう。利点は体温が保たれること。白湯は、消化剤として体の内側の油汚れを洗い落としてくれる。排泄を促し、便秘解消にも効果的。

 

・はちみつ
体の脂肪を燃焼してくれる作用がある。でも40度以上の熱を加えてしまうと、消化どころか反対にやっかいな毒素となってしまうので、加熱処理されたものより、生はちみつを厳選しよう。食べ方は大さじ2〜3を生のまま口にするといい。

 

・運動する
適度な運動は消化作用を促してくれる。目安はうっすらと汗をかく程度。代謝が上がり、体内の循環がうまくいく。循環にはいいものを吸収し巡らせるばかりでなく、いらないものを排泄するという作用も含まれている。

 

◇ステップ2「良質な食事」
正しい食べ方は、落ち着いてよく噛み、感謝して、腹八分目で食べることが基本。

 

・炊きたての白米
おすすめはお粥。スムーズに栄養が吸収されやすい。ちなみにインドでは昔から、金曜日の朝の牛乳粥は吉兆な食べ物だとされてきた。お粥を炊き、そこに牛乳を足して、火にかけて食べるといういたってシンプルな食べ方。

 

・牛乳
沸騰させてから食べること、そして、酸味や塩味と一緒に取らないこと、この2点を守ろう。もし、牛乳に抵抗があるなら、乳製品でもOK。乳製品は基本的に塩分が高く消化に重いが、モッツァレラチーズやフレッシュチーズならよいとされる。

 

・旬の食べ物
なるべくその土地で穫れた、収穫したての、新鮮なものを選ぶようにしよう。生で食べるよりは、蒸したり、煮たり、少し火を通したほうが消化にはいい。サラダなら小皿程度にする。フルーツはちょうどよく熟したものを選ぶこと。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com