セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【健康にオススメ】オリーブオイルが鍵!?食生活の改善効果!

 私たち日本人の食卓において、なくてはならない食材として活躍してきた大豆。世界の長寿地域の食生活を研究すると、日常的に豆類の摂取が多いことがわかり、私たちにとって身近な豆である大豆が、見直されているのです。

f:id:washizugo:20191012083730j:plain

 松生クリニック院長の松生恒夫先生は、そんな大豆を使った食品の中でも特に納豆に注目し、10年以上前からある食べ方を提案してきました。それが「オリーブ納豆」です。
 
 納豆の持ち味である独特のにおいと粘り気はおいしさの要である一方で、苦手という人も多いのではないでしょうか。オリーブ油をかけることでこのような納豆のクセが和らぎ、まろやかで食べやすい味わいになります。

f:id:washizugo:20191012083824p:plain

日本の伝統的な食べ物である大豆と、ヨーロッパで古くから活用されてきたオリーブ油はまったくかけ離れた食品のようですが、意外と相性がよいのです。

 

 松生先生が納豆にオリーブ油という組み合わせを思いついたきっかけは、地中海食への関心が発端でした。イタリアやギリシャをはじめとする地中海地域は、長寿の人が多いことで知られています。世界的な研究の結果、これらの地域に特有の食生活こそが長寿の鍵であることが明らかになっていました。

 

 地中海型の食生活の定義はいくつかありますが、その1つに、植物性の油であるオリーブ油を多く使用していることがあります。

 

 油は健康を害するので控えるべきと思われがちですが、不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富なオリーブ油は他の油と比べて健康的です。悪玉コレステロールを減らして動脈硬化や高血圧の予防に役立ちます。そこで、腸の働きをよくする納豆と組み合わせることで、さらに体によい食べ方になるのです。

 

 腸の働きが弱まり便秘が続くと、老廃物や有害な毒素が体内にとどまってしまうため、大腸がんなどの病気のリスクが大きくなります。また、腸は全身の健康に非常に重要な影響を及ぼします。

 

 腸内には多種多様な細菌が生息しており、腸内フローラ(腸内細菌叢)を形成しています。これらは私たちの体を外敵や異常から守る免疫機能と関わっていて、バランスが乱れて悪玉菌が増えると免疫力の低下につながります。長寿のためには腸を元気にすることが欠かせないのです。

 

 納豆とオリーブ油はどちらも腸を整えるのに最適な食材です。便秘の改善には食物繊維の摂取が有効ですが、納豆は水溶性と不溶性の2種類の食物繊維をバランスよく含んでいます。また、腸内の善玉菌を助ける発酵食品であり、腸内環境の改善に役立ちます。一方、オリーブ油は腸管のすべりをよくしてスムーズな便通を促し、便秘の解消に役立ちます。ぜひ、毎日のオリーブ納豆を習慣にしてください。

 

 ■オリーブ納豆の作り方

 1 納豆1パックに対し大さじ1のオリーブ油を入れる

 2 よく混ぜてなじんだら完成。好みで添付のタレやしょうゆを加える

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com