セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【寝不足】疲れとイライラを解消する眠り方を紹介!

疲れているのになかなか寝つけない。たっぷり眠ったのに寝たりない。そんなときに効果絶大なセルフケアをご紹介します。これで寝不足によるイライラもなくなるかもしれませんよ。

f:id:washizugo:20190906223617j:plain

1)22時過ぎたらスマホはブルーライトオフ
深い眠りを持続させてくれる睡眠ホルモンは、22時ごろから深夜2~3時までに分泌されます。この時間帯にスマホのブルーライトを見ると、ホルモンの分泌が止まり睡眠を妨げるので、画面設定を暖色系に変えて。

f:id:washizugo:20190906223731j:plain

*iPhoneの場合*
「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」で時間を設定。

 

*Androidの場合*
「画面のディスプレイ」の「詳細設定」から設定が可能な場合も。機種やOSによって機能が備わっていない場合は、アプリを入れると設定が可能になることもあります。

 

2)「右向き寝」で深く眠れる
いびきは熟睡を妨げます。そこで、いびきの予防には、気道を確保しやすい「右側を下にして寝る」のがベスト。体の内側に位置している胃のカーブに沿って横になるから、消化がスムーズになり熟睡しやすくなります。

f:id:washizugo:20190727085114j:plain

3)20分昼寝で元気を回復
夜間充分な睡眠を取れない人は、こま切れでもいいので「トータルで7時間」眠ることを心がけましょう。まとめて眠れなくても、20分でも昼寝できれば脳や体は休まり、疲労回復につながります。

 

4)これは効く!寝る前の「ピロロ」
肺の下にある横隔膜を上下させる腹式呼吸をすると、体を休める副交感神経が優位になり眠くなります。これに有効なのが、100均や縁日などで見かける笛のおもちゃ「吹き戻し」。吹くだけで自然に腹式呼吸ができて、眠気を誘いますよ。


5)「水だし緑茶」で今日から安眠
緑茶のうまみ成分には、脳の興奮を静めたり、リラックスさせたりする作用があります。水だしするとカフェインが抽出されにくく、眠りを防げないため、入眠ドリンクに最適。氷で急冷するとうまみが出やすいのでお試しを。

 

6)エアコン25℃で毎日快眠
暑くて安眠できないと疲労を回復できず、夏バテに陥ります。睡眠の質を高めるには、エアコンはつけたままで、快適な室温を保つのが正解。冷えすぎはよくないので、室温25℃前後を目安に調整するとよいでしょう。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com