セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【耳鳴り】眠れない耳鳴りの原因とは!?

 耳鳴りは、原因不明の病気とされ、耳鼻科を受診しても、「年だから仕方ないですよ」「あまり気にしないで生活してください」と言われる。

f:id:washizugo:20200314095441j:plain

治療法はなく、睡眠薬を出せることが主な対処法でしたが近年、研究が進み、耳鳴りが起きる仕組みがわかってきています。

 

いまあなたは耳鳴りのせいで眠れず、ストレスや不安を感じているかもしれませんが、この先致命的な病気になることはほとんどありませんので、安心してください。


今回はこの耳鳴りについて説明していきます。

 

耳鳴りが起こる仕組み

耳鳴りが起きる原因は体のゆがみ・左右のアンバランスにあります。

体がゆがむとなぜ耳鳴りが起きるのか。

 

それには耳の中にある水が関係します。耳の構造は外耳・中耳・内耳と分かれており、なかでも聴覚に関わるのが内耳です。この内耳にはリンパ液という水が入っています。

 

このリンパ液は毛細血管を通じて血液中の水分とやり取りして一定量に保たれるようにコントロールされています。

 

内耳の水の量が一定な状態になっていることで音を聞く機能(蝸牛)が正常に機能し、正常に音を聞き取ることができます。

 

しかし、体のバランスが悪いと内耳の水が傾いた状態になってしまい、この水が傾くと音(耳鳴り)がでたりでなかったりします。

 

詳しくは水が傾くと音を感知する機能にエラーが生じます。エラーが起きた結果、聞こえくい音が出てきてしまい、聞こえにくい音があると、脳に変化が起こります。

 

脳は、エラーを補うために音に過度に反応するようになります。この反応は音がなっていない時にも起こり、「音がなっている」と勘違いしてしまうのです。
 
音がないのに頭の中で音がなっている、これが耳鳴りが起こる仕組みです。

 

ですので、症状のきっかけとなった体のゆがみを正すことが必要なのです。


耳鳴りを改善するポイント
説明したように耳鳴りを改善するにはまず、体のゆがみ・左右差を見つけてそれを正してあげることが必要です。

 

また、体はゆがみがあると筋肉のコリも出現します。このコリを見つけて、刺激をしながら体を整えていくことで、一見、耳と関係なさそうでも結果的に耳鳴りがおさまることがあります。

 

体のゆがみと筋肉のコリ

この2つを見つけてあげることが耳鳴り改善の第一歩になります。人間の体は全身繋がっているため、あなたの症状の原因が意外な場所に隠れていることはよくあります。

 

体のあちこちを触ってみて、痛いポイントがあればぜひそこを押したときに耳鳴りが変化するか試してみてください。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com