セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【睡眠ダイエット】効果を高めるポイント3つとは!?

寝不足が続くと自然と体は塩気の多いものや甘いものを欲してしまうことから、睡眠不足はダイエットに大きく影響を与えます。

f:id:washizugo:20200703225234j:plain

でも、単に睡眠時間を長く取れば良いというものではなく、やはり睡眠の質を上げることが大切。そこで今回はダイエット効果の高い睡眠を取るための3つのポイントをチェックしてみましょう。

 

ただ寝るだけなのになぜ痩せれる?【睡眠ダイエット】が効果的な3つの理由

 

ポイント(1)就寝前に軽い運動をする
運動をすることで新陳代謝が活発になる効果がありますが、寝る前に軽く運動してから入眠することで睡眠中も新陳代謝の高い状態をキープでき、カロリー消費が促されるという理論になります。

f:id:washizugo:20200704101925j:plain

ただし、激しい運動をすると交感神経が優位になって入眠しづらくなってしまうので、あくまでも軽い運動に留めておくことがポイント。ストレッチやヨガなど副交感神経を優位にするリラックス効果のある運動が特にオススメです。

 

ポイント(2)睡眠時間は“8時間以上”が理想
睡眠不足に陥いると食生活が乱れたり過食に走ってしまうのは、食欲を抑えるホルモンが減って満腹感を感じずらくなってしまうことが原因の1つとされています。

 

この食欲を抑えるホルモンは、1日に最低7時間の睡眠をとることで減少を防ぐことができるそう。実際、忙しい毎日では睡眠時間を確保するのも難しいところがありますが、ダイエットのためにも睡眠時間8時間を目指したいところです。

 

ポイント(3):暗い部屋×鼻呼吸×仰向けで寝る
電気をつけたままの明るい部屋で寝ている女性の肥満率は、暗い部屋で寝ている女性と比べて20%も高いという研究結果が話題になりましたが、この原因は明るい光が「睡眠ホルモン」と言われるメラトニンの生成を抑えてしまい睡眠の質を下げてしまうからとされています。もちろん、寝る前にスマートホンのブルーライトを浴びるのもNGです。

 

また、口呼吸の人が増えてきていると言われていますが、口呼吸だと呼吸が浅くなりがち。鼻から深い呼吸をすることを心がけることで身体のすみずみまで酸素が行き渡らせ新陳代謝を上げていきたいものです。

 

ただし、寝るときに意識してできるものではないので、普段の生活から鼻呼吸をクセ付けしていくことが大切です。さらに、骨盤の歪みも代謝の低下を招く原因の1つとされていますが、寝るときに“横向き”だと下になった骨盤に体重の負荷がかかり、骨盤の歪みにつながってしまいます。できるだけ“仰向け”の正しい姿勢で寝ることも心がけましょう。

 

1日の約1/3の時間を占める睡眠ですから、その時間を有効につかってダイエットにつなげるというのは理にかなった考え方。今回紹介したポイントは取り入れて損のない簡単なものばかりなので、早速今夜から取り入れてみてくださいね。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com