セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【健康食】食べるべきものは!?ヘルシーな食生活とは!?


厳しい食事制限のアドバイスではないのでご安心を!

f:id:washizugo:20200621215913j:plain

夜に食事をすることが、体に悪いって本当?
この質問は、誤った情報が広く浸透してしまっている内容の一つ。8時までに食事を済ませようと努力している人は、次のことを知っておくべき。寝る前に食事をしたからといって、体重の増加につながることはない。「シンプルに計算が必要になります」と話すのは、著書『Should I Scoop Out My Bagel?』を執筆した管理栄養士のイルーゼ・シャピロ。

 

「その日に摂取したカロリーよりも、体がエネルギーを多く消費しさえすれば、寝る前にスナックを食べることは悪いことではなく、むしろ血糖値を安定させるのに役立ちます」

 

特定の時間以降は食べてはいけないと自分に言い聞かせていると、結局は我慢という感情を生むことにつながるだけ。ただし、食べ物の消化が適切に行われないことが原因で起こる胃酸逆流や不眠を予防するには、寝る1時間前までに食事を終わらせておくのが理想的。

 

グルテンフリーの食材のほうが健康にいいの?
グルテン不耐症やセリアック病を抱えている人は、グルテンフリー食を実践するべき。しかし、そうでもないのに、トレンドだからといってグルテンフリーにお金を費やすことは名案ではない。「多くの人が、健康に良かれと誤解して、クッキーやパスタをグルテンフリーのオプションに置き換えています」と話すのは、ニューヨークを拠点とする著名な管理栄養士でありフィットネスの専門家、イザベル・スミス。
 
「大半の場合、グルテンフリー食品は、普通の食品よりも不必要な材料が含まれているのは事実です」

 

そして、お金を無駄にしているのも事実。「多くのグルテンフリー食品は値段が張るうえに、カロリーや糖分、脂肪分が多く含まれています」と話すのは、サンディエゴに住む管理栄養士のエリザベス・ショー 。

 

ヘルシーな全粒穀物(キヌア、アマランサス、玄米、大麦、ブルグルなど)に、問題などない。「これらの全粒穀物には、鉄分や亜鉛、カルシウムを始めとするビタミンやミネラルが大量に含まれており、最小限の加工しか施されていません」と、スミス。

 

ダイエット成功のカギは、炭水化物を控えることって本当?
体を動かすことが多いライフスタイルを送る人は特に、体は正常に機能するためにも炭水化物を必要とする。「筋肉や組織は、毎日正常に機能するために、そして筋肉の発達や脂肪を燃焼させるためにも炭水化物を必要とします」と、スミス。

 

体脂肪を素早く落とすために、炭水化物を減らすケトジェニックダイエットなど、特定の食事法を実践しているのであれば、実際には体脂肪が落ちているわけではなく、体内の水分量が減っているケースが多いと話すのは、一人ひとりに合ったレシピを提供するアプリ「Yummly」に務める栄養士のエドウィナ・クラーク。
 
しかし大切なのは、適量を守ること。クラッカーやパン、パスタを食べる代わりに、キヌアや全粒小麦(ウィートベリー)、発芽穀物のサツマイモやヤムなど、栄養が豊富な炭水化物を積極的に選択するべき。「これらの食材は、1日に必要な栄養素を補えるだけでなく、エネルギーを高めてくれます」と、スミス。

 

 

冷凍野菜は、新鮮な野菜に比べると栄養価が劣るって本当?
そんなことはない。むしろ、大抵の場合は、冷凍野菜のほうが新鮮な野菜より栄養価が高い。これは、ヘルシーな食生活を送るうえで絶対に知っておくべき真実! 

 

「冷凍野菜は、栄養価の高い旬の時期に収穫されるので、新鮮な野菜より栄養素が多く含まれている傾向にあります。一方で新鮮な野菜は、店頭に並ぶ日を見越して、熟す前に収穫してスーパーに出荷しているのです」と、スミス。

 

冷凍野菜を購入する際は、バターや塩など、ほかの材料が何も加えられていないものを選ぶように。

 

 

フルーツスムージーは、健康にいいの?
残念ながら、市販のスムージーには、砂糖が大量に加えられているものが多い。

 

「一度に多くの材料を体に取り込むことができるので、スムージーは高い人気を誇っています」と、シャピロ。「問題なのは、スムージーに加えられている材料です。栄養いっぱいの食事、あるいはスナックだと思っていたスムージーが、実はハンバーガーと同じくらいカロリーが高く、砂糖が多く含まれていることもありますからね」

 
甘いものがどうしても欲しくなったときは、市販のスムージーではなく、新鮮な果物を購入しよう。食物繊維の含有量が多いので、空腹時の胃痛を予防することができるうえ、カロリーを摂り過ぎてしまうこともない。

 

脂質は、体重が増える原因になる?
アボカドやナッツ、一部のオイル、シード、脂ののった魚に含まれるヘルシーな脂質は、避けるべき脂質ではない。「例えばナッツなんかは、栄養成分表示を見て脂質の含有量に驚く人がいますが、タンパク質や食物繊維の優秀な供給源でもあるため、ナッツよりポテトチップスやクラッカーのほうがカロリーは低いかもしれませんが、満腹感が長く持続し、空腹感を感じにくくなります」と、ショー 。

 

反対に、「脂肪分ゼロ」と記載がある食品の多くには、人工的に作られた添加物や甘味料が加えられているので避けたほうがいい。常に、良質なカロリーに目を向けること。

 

「脂肪分ゼロの加工製品を選ぶのではなく、レモンやオリーブオイルのドレッシングを作ってサラダを食べるなど、自然食品を多く食べるように心がけましょう」と、スミス。栄養が摂れるだけでなく、満足感が得られやすいから。

 

スキムミルクは、ダイエットの味方?
低脂肪のスキムミルクより、全乳をコーヒーに入れるのが好きだとしても、それは悪いことではない。「全乳に含まれる脂質は満腹感を与え、低脂肪や脂肪分ゼロの乳製品に比べて、ビタミンA、Dなどの脂溶性ビタミンを多く補うことができます」と、クラーク。しかし、少量で十分! 要するに、何に対しても適量を守ることが鉄則となる。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com