セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【健康診断】AST、ALT、γ-GTP…診断結果で何を表す項目?

健康診断などで血液検査をされたとき、検査項目や結果の数値などが記入された、診断結果をいただくと思います。

f:id:washizugo:20190830092054j:plain

そのなかに、アルファベットの『AST』という項目があります。これは“心臓や筋肉、肝臓に多く存在する酵素”のことで、『GOT』とも言います。

f:id:washizugo:20190830095540j:plain

『ALT』は“肝臓に多く存在する酵素”のことで、『GPT』とも言います。どちらも数値が高い場合は『急性肝炎』や『慢性肝炎』、『脂肪肝』、『肝臓がん』、『アルコール性肝炎』などが疑われます。『AST』の数値のみ高い場合は、『心筋梗塞』などが考えられます。

f:id:washizugo:20190830095611j:plain
気になる基準値ですが、検査機関によって異なることがあるそうです。『日本人間ドック学会』の場合、『AST』も『ALT』も、基準範囲は『30以下』。『31~50』を『要注意』、『51以上』を『異常』としています。

 

『γ(ガンマ)-GTP』は、肝臓の解毒作用に関係している酵素です。肝臓や胆管(たんかん)に異常があると、血液中の数値が上昇します。この数値が高い場合は『アルコール性肝障害』や『慢性肝炎』などが疑われます。日本人間ドック学会では、『γ-GTP』の基準範囲を『50以下』、『51~100』を『要注意』、『101以上』を『異常』としています。

 

他にも気になる項目がありましたら、お医者さんにお尋ねください。

私はこれまで何度も献血しようとして、実際に献血の場所に行ったことがありますが、その都度「血圧が低いのでできません」と言われてしまいます。そのため、献血ができないのがとても残念です。

 

逆に言えば、献血がきっかけで自分の体調、血液の状態などが分かる場合もありますので、お時間がある人はぜひ行っていただけたら…と思います。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com