セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【花粉症】「空気清浄機」を部屋の床に置いてはいけない!?

今年は、全国的に例年より早く花粉の飛散が始まると言われています。

f:id:washizugo:20200214223846j:plain
「やっと家に帰ってきたのに、症状が止まらない」なんて経験、ありませんか? 適切な対策を知っておくことで、そんな悩みが解消されるかもしれません。

 

 今回は、花粉症の権威である埼玉大学大学院理工学研究科の王青躍教授に、簡単にできる花粉対策について解説してもらいます(以下、王氏による解説)。

f:id:washizugo:20200214223907j:plain

◆花粉は「破裂」して飛散する!?
 花粉は汚れた水と接触したら、水分を吸収して1.2倍くらいに膨らみます。すると、破裂をして細かい粒子に分かれ、乾燥した後、数多くのアレルゲンとともに飛散してしまうのです。その数は、なんと何億個にも。
 
 それだけではありません。破裂して飛び出した粒子は花粉よりも小さいので、花粉用のマスクだと通り抜けてしまいます。それがガスのように漂って、気管や肺に入り込んでしまうのです。

 

◆「雨の日の翌日」が要注意

 特に注意なのが雨の翌日です。アスファルトに落ちた花粉は、雨で洗い流されると思いますよね。実際、その多くは雨で洗い流されるのですが、洗い流されない花粉もあります。

 

 いわば厳しい状況を生き抜いた花粉たちなので、ものすごく強力なものばかりです。それが最後の力を振り絞って襲い掛かってくるとイメージしてみてください。

 

 もし吸い込んでしまったら、花粉の症状が悪化するだけでなく、ひどい喘息などになってしまう可能性もあります。

 

◆空気清浄機&加湿器は置き場所に注意

 ここからは、自宅での花粉対策を紹介します。

 

 部屋はドアや窓を閉めて、隙間を防ぎましょう。花粉の通り道をふさいで、部屋への侵入を防ぎます。実を言うと、花粉は上空5000メートルまで飛ぶことが確認されています。なので、マンションの高層階に住んでいるからといって油断は禁物です。

 

 花粉シーズンは空気清浄機や加湿器を使うご家庭も多いでしょう。それらを、床に直接置いてはいませんか? なんと、それはNGなんです。落ちている花粉を舞い上げてしまい、症状が落ち着くどころか、より悪化してしまいます。おすすめの置き場所は台の上です。

 

 空気清浄機を台の上に置くことで、空気中に漂った花粉を吸い込めます。風も微風で十分に効果的です。花粉だけでなく、水に濡れて破裂した微細な粒子まで吸い込めますよ。
 
 また、花粉は角に溜まりやすいので、そこに空気清浄機を置くのも効果的です。花粉を室内に持ち込まないため、玄関に置いてもいいでしょう。

 

◆ヘアスプレーで花粉を閉じ込める

 家に入る前にしっかりと花粉を払うのはもちろん、できれば帰宅したらすぐにシャワーを浴びると効果的です。

 

 それが難しければ、ヘアスプレーを髪に吹きかけると花粉が固まるのでおすすめです。細かいミストを髪に吹きかけても、同様の効果が期待できます。

 

 とにかく室内に持ち込まないように万全な対策を行なってください。帰宅後は手洗い、うがいも忘れずに。

 

◆花粉シーズンの水拭き掃除には要注意

 花粉シーズンは、症状を和らげるため、念入りに掃除をする人も多いですよね。例えば、床を拭くとき、どのようにしていますか? 濡れた雑巾で拭いていませんか。実はそれ、NGです。

 

 蒸れた雑巾で床を拭くと、花粉が破裂してしまい、さらに微細な粒子になってしまうんです。しかも、軽いからいつまでも空気中に漂っているのも厄介なポイント。

 

 吸い込むと気管支を傷つけて、喘息などになってしまう危険性もあります。なので、濡れた雑巾で拭いた後、すぐに乾いた雑巾で拭き取りましょう。

 

◆外出時は対策グッズを活用して
 そして、外出時のポイント。
 
 最近は、花粉の侵入を防ぐフィッティングマスクや静電気の発生しない素材を使用したコートなど、対策グッズも進化しています。ぜひそうしたアイテムを積極的に活用しましょう。

 

 保湿力の高いクリームも有効です。肌のバリア機能が低下すると、花粉で痒みが出たりしてしまいます。しっかりと保湿をし、肌もケアしてください。

 

 最後に、自律神経が乱れると免疫力も下がってしまいます。すると花粉の症状が悪化するなんてことも。だからこそ、しっかりと睡眠をとって、納豆などの発酵食を食べ、趣味などに熱中して楽しく過ごしてください。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com