セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【コーヒー】腸内細菌に良い影響を与える事が明らかになる!?

最近の研究によると、コーヒーは胆石のような一般的な腸の健康問題を予防するのに役立つだけでなく、さまざまな防御効果をもたらす有益な腸内細菌をサポートする可能性があるという事が明らかになりました。

f:id:washizugo:20200523171232j:plain

この研究はコーヒー科学情報研究所によって発表されました。そのほかにも、血糖値の改善やアルツハイマー病のリスクの低下など、健康に役立つ可能性を探る多くの研究が行われています。

 

コーヒーが腸に与える影響
この新しい研究では、コーヒーが腸の健康に与える影響について調査しています。報告書には、コーヒーを飲むことと胆石のリスク低下との関連性が詳しく書かれていますが、これはコーヒー豆に含まれるカフェインによるもので、カフェイン抜きコーヒーを飲むことと同じ効果が得られるわけではありません。

 

また、コーヒーを飲むことで、膵臓が炎症を起こす痛みのある状態である膵炎に対する予防効果もあるかもしれないことも分かりました。症状は数日で無くなることもありますが、慢性化して何年も続くこともあります。

 

腸だけではない健康効果
コーヒーが腸内細菌に与える影響は、血圧、認知症、心臓病、インスリンなどあらゆるものに影響を与える可能性があります。コーヒー豆は食物繊維とポリフェノールの組み合わせによって有益な腸内細菌をサポートするかもしれません。

 

コーヒーは、膵臓の分泌物、胃酸、胆汁の放出を促すことで、消化を助けることもあります。多くのコーヒー愛飲者に知られているように、この飲料は腸の運動性も刺激し、便秘に苦しむ人々を助けてきました。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com