セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【病気をしたら】「100%の身体」には戻れない!?


病気になったら、身体が100%元の状態に戻るということはほとんどないと思ってください。表面上は戻ったように見えても、定期的な通院や服薬など、色々大変なことがついて回る場合が多いです。これは覚えておいてください。

f:id:washizugo:20200327220156j:plain
ですから、「病気になってからお医者さんに行けばいいや」とか「病気になってから治せばいいや」という考え方は間違っています。完全に治る場合もないわけではありませんが、一般的には100%戻ることはありません。 


心筋梗塞を例に挙げてみましょう。心筋梗塞は、心臓の血管が詰まり、心臓の筋肉などに酸素が届かなくなって栄養不足になり、どんどん腐って壊死していく病気です。血管が詰まってから心筋が壊死するまで、たったの20分しかありません。

 

20分で病院に行き、カテーテル治療を行って、血管の詰まりをなくすことは不可能です。我々医師はなるべく頑張って治療しますが、壊死した筋肉は生き返ることはありません。100%の身体には戻らないことがおわかりでしょう。

 

また、病気になったら通院する必要があります。時間もお金もかかります。 心筋梗塞になると、血管にステントという金属の網を入れる治療をすることがあります。

 

ステントは人工物なので、放置しておくと血の塊ができて血管が詰まりやすいため、血液をサラサラにする薬を長期間飲み続ける必要があります。場合によっては一生のこともあります。

 

その薬の作用で、身体をどこかにぶつけたらすぐに内出血するようになったり、歯を抜いたら血が止まりにくくなったりすることもあります。胃カメラや大腸カメラの時には、お薬をやめないと組織を摘まんで組織検査もできません。

 

肺気腫といって、肺の組織が壊れて、呼吸が苦しくなる病気があります。一度壊れた肺の組織が元に戻ることはありません。肺気腫が重症化すれば、鼻から酸素を吸入するための酸素ボンベが必要になります。この治療を在宅酸素といいます。

 

酸素ボンベは家の中でも使いますし、外出の際にはボンベが入ったカートを引いて歩かなければなりません。定年して第二の人生を楽しみたいと思っていたのに、これでは飛行機に乗ってハワイなどの海外旅行に行こうと思ってもなかなか難しいでしょう。 


つまり、病気にならないようにするのが一番なのです。 そのためには、事前にある程度の知識をつけて、準備をしておく必要があります。 健康診断は、そのための第一歩です。

 

とはいえ、悪いところを探すばかりが健康診断の目的ではありません。人気医療ドラマ『コード・ブルー』で、山下智久さん演じる藍沢先生はこんなことを言っていました。

「検査は何か発見できる場合にだけ意味があるんじゃない。
 何もないと証明できれば患者は安心して家に帰れる。
 気になったら答えが出るまでやれ」

 

カッコいいこと言いますね。健康診断も同じで、異常がないことを確認し、安心するのも一つの目的です。検査や数値の意味を知り、健康と病気に対する意識を高めていきましょう。病気にならないために、ぜひ健康診断を有効活用してください。

 

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com