セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【脳の働きがアップ】注目のブレインフード!?

近ごろ耳にする「ブレインフード」。脳にいい栄養素や食べ物のことらしいが、具体的にどんなものを指すのだろう。最近とくに記憶力や判断力が衰えてきた気がするお父さん世代の救世主となるのか否か、その研究成果が待望視されるブレインフードについて紐解こう。

f:id:washizugo:20200301102459j:plain

1. 知的生産性は食事で違ってくる!?

超高齢社会となる未来の日本。近い将来を見据え、アンチエイジングや健康長寿のための食事が今、見直されている。その中でも話題と注目を集めているのがブレインフードだ。

 

ブレインフードとは、脳(brain/ブレイン)を活性化させるための栄養素や、機能改善を行う食物の総称。現代人が直面するストレスや、陥りがちな運動不足などがもたらす、脳の機能低下を補う食品に、世界中の人々が強い関心を示している。

 

ご存じのように、脳のエネルギーとなるのはブドウ糖。ご飯やパンなどの炭水化物や果物、蜂蜜に含まれるブドウ糖とともに、ブレインフードを食すことが、知的生産性の向上につながるといわれているのだ。


2. 魚、ナッツ、カカオが3大ブレインフード

さて、具体的にどんな食材がブレインフードとなるのだろう。3大ブレインフードと呼ばれているのが、DHAやEPAを含む青魚や鮭、オメガ3系脂肪酸を多く含むクルミやアーモンドを代表とするナッツ類、チョコレートの原料となるカカオ。このほかにも、大豆製品、アボカド、牡蛎、卵、ビーツ、ウコンなどがあげられている。

 

オンタイムもオフタイムも、就寝中でさえ常に活動し続けている脳。しっかり食事で栄養を補給していかないと、脳のパフォーマンスは低下し、考察力や集中力も落ちてしまう。そこで大切になってくるのが、ブレインフードを取り入れたバランスのよい食事を、きちんと1日3食いただくこと。当たり前のような食習慣の見直しが、よりベストな状態で仕事に邁進でき、ひいては人生そのものを充足させる秘訣となるようだ。


結論
もしも、食すだけで脳が活性化し、記憶力や理解力に優れ、加齢に伴う機能低下を防げる食物があるとしたら、誰だって摂りたいだろう。健康、ダイエット、アンチエイジングに続き、食事の「脳のための栄養」という観点は、今後ますます普及していきそうだ。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com