セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

【免疫力】体を温めるモーニングルーティン!免疫力を高める「朝の習慣」!?

毎日を健やかに過ごすため、免疫力を高めることに注目が集まる今。実は免疫力を高める行動は、意外と些細なこと。

f:id:washizugo:20201225221840j:plain

決して難しいものではありません。できることから少しずつ、朝の習慣に加えて健康な体をキープしませんか?朝はなかなか体温が上がらないもの。ベッドから抜け出した後は、内側と外側からしっかり体を温めることを意識して行動してみよう。

ベッドから下りて動き出すときは、体を温めるものを身につけることを習慣化しよう。これは夏でも、局部を冷やさないようにするために大切なこと。特におすすめなのは腹巻き。

 

肌の表面温度が下がりにくいため、冷えを感じにくい部分なので忘れがちになるが、お腹には免疫細胞が集中する腸をはじめとした多くの内臓が集まっている。お腹を締め付けすぎると血行不良の原因になるため、自分に合ったサイズの腹巻きを見つけよう。

 

2.脂肪をエネルギーに変える細胞をシャワーで刺激。
朝のシャワーは体を温めるだけでなく、お湯の蒸気による加湿で、就寝中に乾燥してしまった気道を潤してくれる効果がある。シャワーを浴びるときは43℃前後の熱めのお湯を3分ほどの短時間で。

 

長時間だと交感神経が優位になりすぎて緊張状態になってしまうので注意が必要。さらに脂肪をエネルギーに変える働きをもつ褐色脂肪細胞が集まる首すじやわきの下、肩甲骨の間をシャワーで刺激することで、より体を温める効果が期待できる。

 

週末は湯船につかるとより効果的!
・湯船につかるときは40℃のお湯で10分程度の全身浴!・炭酸ガス入り入浴剤で血流量を増加。すみずみまで温まる。
・36~38℃のお湯に半身浴でゆっくりつかるのも有効。

 

3.朝の一杯は白湯よりも効果UPを狙った飲み物を。
内臓を温めるにはやはり内側からが効果的。白湯(さゆ)は手軽で温めにもよいが、せっかくなら、より体を温める生姜やスパイスなどの成分をプラスしたり、ウイルスの侵入に対抗する作用が期待できるドリンクに替えてみてはどうだろう。

 

ある試験管実験では、紅茶のポリフェノールはウイルスの表面を覆う突起物である「スパイク」を無効化し、侵入を防ぐという結果も。カフェインの刺激に弱い方はカフェインレスの紅茶でもOK。

 

4.消化・吸収しやすいデトックスジュースを。

朝ごはん代わりに消化・吸収しやすいデトックスジュースを用意するのも一つの手。〈イシハラクリニック〉の石原新菜先生がおすすめするのは「にんじんりんごジュース」。

どちらも1個ずつ皮ごと適当な大きさに切り、ジューサーにかけてお好みでレモンを搾れば完成。重要なのはミキサーではなくジューサーを使用すること。食物繊維を取り除いたジュースは排泄の邪魔をせず、すばやく栄養素を取り入れることができる。

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com