セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。施設長としての活動では施設の管理、他職種との連携。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

【筋トレ】「インナーマッスル」を鍛える4つの方法

 

デスクワークを続けているとどうしても運動不足になり、代謝が下がりがちになる。すると当然、太りやすくなるため、特に働く女性にとっては悩ましいのではないでしょうか。

f:id:washizugo:20181109084519j:plain〇仕事を変えるわけにもいかず、どうにかしてダイエットや運動をしようと心がけている人も多いでしょう。イスに座っている状態は楽だが実は、体に負担をかけてしまっている状態なのです。関連記事もあるので参考にしてみてください。

blog.washizugo.com

〇そこでおすすめなのが、座りながらできる4つのエクササイズです。これで代謝があがり、痩せ効果がUPするので、ぜひ日中座り通しの人は、積極的に実践してみてください。

 

1.まずは基本姿勢から

〇何気なく毎日座っているその姿勢も、実は「正しい姿勢をキープしよう」と意識するだけで、体の深層部ある筋肉「インナーマッスル」が使われることになります。このインナーマッスルは、実は脂肪燃焼の効率が良く、基礎代謝UPに貢献するものなのです。姿勢治療家である仲野孝明さん著の「座り方を変えれば、身体の疲れがイッキに取れる!」によれば、マラソンランナーが痩せているのは、記録を出すために良い姿勢を保っているがために、基礎代謝が高いことが理由だという。

f:id:washizugo:20181110084359j:plain
〇姿勢だけで随分、痩せ効果が高まるようです。正しい座り姿勢は椅子に深く腰かけて、両足は地面にしっかりと付け、顎を引いて背筋を伸ばし、やや肩甲骨を中心に引き寄せます。ここでちょっと体が硬くなってしまった人は、坐骨に意識を集中してみましょう。きっと余分な力が抜けるはずです。また両膝をつけて座るだけで、太ももの内側の筋肉が鍛えられるため、足のシェイプアップにもつながります。ぜひ合わせて実践してみましょう。

 

2.呼吸法「ドローイン」を実践する

〇姿勢を整えたら、さらにそのインナーマッスルへの効果を高めるために、深い呼吸法をおすすめします。呼吸によって、横隔膜や腹筋などが刺激され、代謝が高まるといわれています。ドローインの方法は、まずお腹を膨らませるのを意識して息を吸い込む。そして、一度息を止めたら、今度はお腹をへこませながら息を吐いていく。この際、おへそと背中がくっつくようなイメージで、お腹全体をへこませましょう。最大限にへこませたら、30秒キープして胸式呼吸。これを仕事の合間に、繰り返し行ってみよう。

f:id:washizugo:20181110084448j:plain

3.侮れない!足首体操

〇座り姿勢を一日中続けると、どうしてもふくらはぎのむくみが気になってきます。そんなむくみ対策として有効なのが、足首体操です。椅子の台座に手を乗せて体を支えながら、足首を前後に曲げてみましょう。つま先だけ、かかとだけ床につけるのを交互に繰り返します。これでふくらはぎが随分ストレッチされることになります。ふくらはぎは第2の心臓といわれているため、マッサージやストレッチを行うと、全身へ血流が流れるしくみになっています。ちょっと全身の血行が悪いような気がしたら、すぐにこの体操を行ってみましょう。上半身から頭への血流もよくなるといわれています。

 

4.座りながらでもできるんです。腹筋運動

〇ここで、いよいよダイエットらしい動きを紹介します。いわゆる腹筋運動を座ったままやるというものです。椅子にしっかりと深く座り、椅子の台座に両手をかけ、腹筋を使って両足をゆっくり持ち上げましょう。そのまま上げ下げすることで腹筋運動になります。床につけずにどれくらい続けられるか挑戦してみましょう。上げ下げすると周囲にバレて困るという場合には、足を上げたままキープする方法でも良いです。座り続けていると、お尻の筋肉が使われず、弱っているのが気になる人もいるでしょう。その場合、バスタオルなどを丸めたものを2つ椅子の台座に縦に並べて置き、その上に腰かけてみてください。すると、自然とお尻の筋肉に力が入るのが分かります。しばらくキープしてお尻の筋肉も鍛え、ヒップアップ効果も狙いたいですね!

f:id:washizugo:20181110084902j:plain

(washizugo)お尻の肉で座るのではなく、太ももの付け根に体重を乗せて座るとお尻がつぶれないといわれています。座り姿勢も気を付けましょう。どれもデスクワークの人が気軽にできる座りながらのエクササイズ法です。仕事の支障にならないように、そして、周囲にバレないように、こっそりダイエットを決行してみてください。皆様の明日がより良いものになりますように。セラピストGoGo

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com

blog.washizugo.com