セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。施設長としての活動では施設の管理、他職種との連携。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

介護事業所向けのリハビリを提案するプログラムがある!?

Rehab for JAPANの介護事業所向けリハビリ特化型SaaSは「リハプラン」を提案してくれます。リハプランはデイサービスに勤務する機能訓練指導員のリハビリを支援するサービス。身体状況や生活状況など要介護者ごとの基本情報を入力し目標を設定すれば、個々に合った訓練メニューをデータベースから自動で提案してくれます。

f:id:washizugo:20180914185550j:plain

〇短期・長期目標をテンプレートから選択することことでスムーズに目標設定ができるほか、1800種類以上、600セットの運動プログラムに対応します。運動の結果をグラフ化する機能も備えています。また社内に配置するリハビリ専門スタッフのカスタマーサポートも組み合わせることで、専門職が不在のデイサービスでも利用できる環境を整えました

f:id:washizugo:20181003181557j:plain

〇高齢化が進む日本の介護市場ではリハビリのニーズが高まっています。特にデイサービスを中心とした介護事業所では、要介護者の日常生活を支えるだけなく個々の目標や目的に沿ったリハビリを行い、生活機能の維持・向上をサポートする役割が求められるようになります。

 

〇一方で実際の介護現場では、その要望に十分に応えるだけのマンパワーと専門性の両立に苦戦しているのが現状です。そのような背景もあって「職種を超えたリハビリ介護」をコンセプトに、介護事業所のリハビリを支援するリハプランを開発したという。

 

〇同サービスは2018年2月に正式版をリリース。7月時点で導入事業所数は100件を突破し、関わる要介護者の利用者人数も約5000人ほどに拡大しているとのことです。Rehab for JAPANでは今回の調達資金をもとに組織体制を強化し、リハビリに関連する介護施設1万件への導入を目指すようです。

 

〇「要介護者ごとに適したリハビリプランを自動提案、介護事業所向けSaaS「リハプラン」が1億円を調達」より転載したものを元に加筆・修正した記事となります。皆様の明日がより良いものになりますように。

セラピストGoGo

 

washizugo.hatenablog.com

washizugo.hatenablog.com

washizugo.hatenablog.com

 

 

リハビリテーション・ADLトレーニング 写真CD-ROM付 患者さんに渡せる 姿勢・動作指導71

リハビリテーション・ADLトレーニング 写真CD-ROM付 患者さんに渡せる 姿勢・動作指導71