セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

関節に関するリハビリテーション

【ギックリ腰】対処はどうすればいいの!?

ギックリ腰は冷やして治す 代表的なものがギックリ腰といわれる急性腰痛症です。 ボール拾いなど体を曲げた瞬間に腰に電気が走ったような感覚があり、立つこともできないような状態になることがあります。 筋肉を傷めたり、関節の炎症…

ひざを強くするための生活習慣はこれにあった⁉

日本人の平均寿命は延び続け、’17年には男性が81.09歳、女性が87.26歳となり、100歳を超える人も年々増え続けている。 人生100年時代が到来したが、いつまでも自立して暮らせているわけではない。平均寿命と健康寿命の差をみると、男性は8.95歳、女性は12.47…

「痛みの無い膝関節」は大腿四頭筋から!?

100歳まで自分の力で歩ける「ひざ」のつくり方 世界に名だたる長寿国となったニッポン。それはじつに喜ばしいことだが、単に長生きをしただけでは意味がない。自分の足で歩いてこその健康長寿。その要となる「ひざ」について、今回は勉強しましょう。 大…

慢性的な肩こりの要因は、コレかも知れない!チェックして見て!

冬の間は寒くて猫背になりがち、冷えによる血行不良や疲労によって肩がこっているなあ…と感じる人も多いのではないでしょうか? 本日は、エステテシャンの寒川あゆみさんにくり返す肩こりの要因について教えていただきました。 くり返す肩こりの原因は? 日…

【骨】あなたの骨密度はいくつ?骨の危険度チェックして見よう!

50歳は骨の曲がり角、強い骨をつくる努力は今から必要です。 骨折が急増する…アワエイジ世代の骨が危ない!50歳は骨の曲がり角! 骨量は20歳前後で最大値を示し、閉経する50歳前後で急激に減少。腰椎骨密度では20~44歳を100%として、45~49歳で98%、50~5…

【腰痛】あなたの「その腰から腿にかけて」の「しびれや痛み」原因は・・・

腰部脊柱管狭窄症は高齢者によく発症する病気。加齢にともない骨や軟骨組織が変性する人は多く、患者数は増加している。 比較的若年層に発症する腰椎椎間板ヘルニアよりも患者数は多い。治療ではまず保存療法が実施される。 背骨の間で太さ15ミリほどの長い…

ちょいストレッチで予防&痛みを軽減!肩こり、腰痛、猫背はセルフケアが大切

まず、肩こり・腰痛・猫背のメカニズムを知りましょう。 日々の生活の中で起こる、肩こり・腰痛・猫背。これらに悩まされている人は多いですよね。これらの多くは、ストレッチで解決・軽減することができます。なぜ、肩こり・腰痛・猫背になってしまうのかも…

【ストレッチ】関節をゆるめる「ゆる関節ストレッチ」について知識を深めましょう!

ふだんはあまり意識しないのですが、体の柔軟性には関節の動きが深く関わっています。中でも体の中心となる股関節と胸椎(きょうつい)は重要です。 「やわらかい関節は体を元気に保ってくれます。ただ人間の体は使わないでいると、すぐに退化するようにでき…

【リハビリ】理学療法士が教える!ゆがみを治して外反母趾とO脚を改善!?

外反母趾やO脚、むくみなど、女性を悩ませる足トラブル。これらを長年放っておくとやがて歩きにくくなってしまうこともあります。 「外反母趾やO脚はかかとのゆがみが原因していることが多いです」とボディケアサロン日本橋人形町BodySign院長の宮本晋次さ…

【変形性膝関節症】理学療法士が教える!関節軟骨と半月板について!

厚生労働省のデータによると、65歳以上の3人に1人が、ひざのトラブルを抱えています。 ひざ痛の代表的な病気が「変形性膝関節症」です。なぜ「変形性膝関節症」になってしまうのか、どうしたら予防や改善ができるのかを、病気に詳しい酒井慎太郎先生に教え…

【腱鞘炎】理学療法士が教える!セルフでできる腱鞘炎の改善法

腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性があります。 バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったもの。腱鞘炎もバネ指も、主な原因は指の使いすぎです。指が痛い・指がしびれる・指がこわばるといったバネ指…

【膝関節】理学療法士が教える膝の痛みに必要なこと!痛くてもあれをしよう・・・

多くは膝の痛みのために活動を避けますが、動きはまさに必要とされるものです。 それはおそらく究極のエクササイズcatch-22です:変形性膝関節症と一緒に動くのは難しいですが、動かすことは変形性関節症の膝の痛みを和らげるのに役立ちます。 3000万人以上…

【話題】ストレッチや深い呼吸を変えると、肩の痛みが消える!

40代を過ぎて、肩が痛い、腕が上がらないという時にまず思い浮かべるのが、四十肩・五十肩ではないでしょうか。 「そのうち治るだろう」「年をとったから痛くなっただけ」と自分で判断し、放っておく人も多いですが、実は、いつ爆発するかわからない「爆弾」を…

【健康】理学療法士が教える!生活を見直して腰痛を解消!

寒い季節に急増する腰の痛み。日本人の半数以上が悩む疾患だが、日々の生活を少し見直すだけで劇的に改善するという。 寝返りするのもつらいぎっくり腰や、重いものを持つと腰に鈍い痛みがする――。腰に不安を抱えている読者諸兄も多いかと思う。今年6月、厚…

【健康】理学療法士が教える!四十肩・五十肩?違う疾患が隠れているかもしれません!

40代を過ぎて、肩が痛い、腕が上がらないという時にまず思い浮かべるのが、四十肩・五十肩ではないでしょうか。 「そのうち治るだろう」「年をとったから痛くなっただけ」と自分で判断し、放っておく人も多いですが、実は、いつ爆発するかわからない「爆弾」を…

【健康】理学療法士が教える!「坐骨神経痛」チェック法

冬は寒さで血管が収縮するため、坐骨神経痛による痛みやシビレが出やすい季節。これから訪れる本格的な冬を前に、その痛みの原因をチェックしてみませんか? 「その痛み」の原因を探る 常日頃から酷使している腰や下半身は、加齢とともに不具合を起こしやす…

【リハビリ】関節炎の人に対して筋力訓練を行う5つのヒント!

関節炎の人に対して筋力訓練を行う5つのヒント 筋力トレーニングは誰にとっても良いことです。関節炎の人にとって特に有益です。 より大きなエクササイズプログラムの一環として適切に実施されると、筋力トレーニングは関節のサポートと保護を助け、痛みや…

【健康】理学療法士が伝授!正しい姿勢の過ごし方!

正しい姿勢で椅子に座ろう 日々椅子に座る機会が多い方は長時間椅子に座ることで腰痛や肩こりを引き起こしたり、疲労を感じてしまうことがあります。 これらの原因は悪い姿勢で座っていることが挙げられます。実際に腰痛などを抱えている方もいますが、疲労…

【健康】理学療法士オススメの「筋膜リリース」で腰痛を改善!

最近話題になっている筋膜リリースとは?肩こり・腰痛の改善に効果的な筋膜リリースについてご紹介します。 30~40代女性の体の悩みは様々ありますが、肩こり・腰痛もそのひとつ。家事・育児の他、最近はスマートフォンを長時間使うことで、目の疲労が肩や腰…

【関節】理学療法士が伝えたい!四十肩・五十肩リハビリの注意点!

40代を過ぎて、肩が痛い、腕が上がらないという時にまず思い浮かべるのが、四十肩・五十肩ではないでしょうか。 「そのうち治るだろう」「年をとったから痛くなっただけ」と自分で判断し、放っておく人も多いですが、実は、いつ爆発するかわからない「爆弾」を…

【姿勢】理学療法士が教える!姿勢チェック!

座っているアナタの姿勢は実は背骨に負担をかけているかも。デスクワークの人なら少なくとも6~7時間、中には11時間も1日座りっぱなし、という人もいるかもしれません。 たとえば1日6時間座っている人が70年生きるとすると、 6時間 × 365日 × 70年なので 153…

【健康】理学療法士オススメ!骨盤のゆがみをとるセルフケア。

骨盤のゆがみはさまざまな不調を招くといわれますが、具体的にどのようにして正せばいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。 〇今回は骨盤のゆがみの中でも左右の傾き(右か左どちらかが下がっている状態)を正す作用が期待できるセルフケア体操を…

【健康】理学療法士オススメ!骨盤のゆがみ改善の簡単ストレッチのやり方

骨盤のゆがみは筋力低下が原因? 衰えた筋肉を鍛えると、骨盤のゆがみが改善する可能性がある〇みなさん、まわりにいる人をよく見てください。背骨が前に曲がってネコ背になっていたり、背骨が横に曲がって肩の右か左が高くなっていたりする人もいることでし…

【見学会】AOIデイサービスセンター新川 開催予定11月8・22・29日

(washizugo)3年間の共同研究の結果がまとまりました。AOIデイサービスセンター新川で提供させていただいている運動内容や、サービスなどを説明する見学会を開催させていただきたいと思います。ご興味がある方は、ぜひご参加ください。 blog.washizugo.com …

「骨」を強くする「3つの生活習慣」

骨を強くする生活習慣 1.骨を強くする食事 〇カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨の形成に役立つ栄養素を積極的に摂りましょう。 カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸管でのカルシウム吸収率がよくなります。 〇高齢になると、食の好みが変…

腹筋を鍛えて美ボディーに!V字バランスのポーズ

V字バランスのポーズは、名前の通り、体でVの字を作るポーズになります。これは、かなり腹筋を鍛えられるポーズです。 〇ヨガのポーズで、直接的に腹筋を鍛えられるポーズは少ないのです。見た目以上に難しいポーズになるのですが、鍛えれば美しいウエストを…

便秘やガスでお悩みの方に、赤ちゃんのポーズ

〇赤ちゃんのポーズとは、足を抱えて丸まればいいという、手軽なヨガポーズです。しかし、その効果は絶大で、起きてすぐに、就寝前に少し行えば、便秘やたまっていたガスを抜く効果が期待できます。ストレスなどで、おなかの調子が悪くなる人にはお勧めのヨ…

「背筋」を鍛えて得られる「3つの良い効果」

加齢を感じさせるのは「背中」 〇他人からもっとも多く見られているのは、正面からの角度ではなく、実は後ろ姿です。普段ご自分が、周囲の人をどういう風に観ているかを想像するとよくわかると思います。しかし、自分自身の姿を鏡で見ると、どうしても自然と…

【歩行】1日どれくらい歩きます?「健康維持」に必要な「目標歩数」

〇「歩く」ことは、すぐできる健康法です。でもいったい、1日にどれくらい歩けばいいのでしょうか。そこで年代別の目標歩数を導き出しました。歩数を見てひるんではいけません。 〇健康増進を目的とした運動のなかでもウォーキングは、運動習慣のない人や体…

靴を見直して腰痛・膝痛を根本から治す

〇靴が合わなければ、うまく歩けない。そして、うまく歩けなければ、腰や膝、股関節に悪影響があるんです。 〇高齢化社会を反映してか、最近は歩きやすい「コンフォート・シューズ」の売り場が充実しております。コンフォート・シューズは、「E E E」「EEEE…