セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

脳科学に関するリハビリテーション

【脳科学】人はなぜ夜に甘いものを食べてしまうのか!?

ミルクチョコレートを朝一番に100g食べれば痩せる!? 夜遅く、あるいは寝る前に甘い物やカロリーの高いものを食べると、次の日の朝は胃もたれがしますし、夜はカロリーを消費しないので、内臓脂肪の増加や肥満の原因になります。そんなことは分かっているが…

【辛い頭痛】スッキリ解決する方法とは!?

今日は辛い頭痛をスッキリ解決する方法についてお話ししたいと思います。 突然ですが、頭痛で困ったことはありませんか? 痛みを感じるのは辛いものですし、強い痛みや慢性的な頭痛は日常生活に支障をきたすこともありますよね…。頭痛薬に頼るだけでなく、ま…

【うつ病リスク】食の欧米化による栄養不足とは!?

日本では、食料が有り余り、全体の約2割が廃棄されることが社会問題になっています。 信じ難いことですが、これだけ飽食の時代にありながら、一方では栄養不足が進んでいます。 栄養不足はうつ病発症に関係があるといわれています。そこで、うつ病と栄養不…

【朝習慣】医師が朝に絶対にしない習慣とは!?

朝、目覚めてから出勤するまでどのように過ごしていますか? ギリギリまで寝ていたり、朝食を食べる時間もなくバタバタと準備をして出勤することが習慣化していませんか? 当てはまることがある方は、あなたの行動は朝のNG習慣になっているかも! そこで、今…

【健康維持】重要な自律神経のしくみとはたらき!?

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことです。 そんな、健康を維持するためにとても重要な自律神経のしくみとは? はたらきとは? についてわかりやすくお伝えします。 意識してもできない…

【認知症リスク】下がるかも?中高年のベストな睡眠時間は?

運動のほかにもう一つ、認知症の発症と関連しているかもしれない生活習慣として、睡眠が挙げられます。 睡眠をとりすぎると、頭を使わなくなって認知症のリスクになるのでしょうか?あるいは、睡眠がとれないと、疲労やストレスがたまって認知症のリスクにな…

【メンタルの不調】生活習慣を変えると良くなる!?

気分が落ち込む、肩こりがひどい、お腹の調子が悪い、眠れない...など。 内科医の工藤孝文先生によると、コロナ禍で、うつっぽい症状を訴える患者さんが急激に増えているものの、生活習慣の見直しで症状が改善する人が多いようです。おすすめの食習慣につい…

【香りで感覚が変わる?】スピード感が変わる!レモンで遅く、バニラで速くなる!?

私たちの五感は、たとえば、視覚と聴覚、味覚と嗅覚など、互いに影響し合うことがあります。 これを心理学や認知科学で、「クロスモーダル現象」と言います。 今回、情報通信研究機構(NICT)の最新調査により、新たなクロスモーダル現象が発見されました。 …

【寝起き】毎朝、目覚めた瞬間スッキリしてますか!?

こんな症状を感じたらそれはもしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。 ・休日は昼まで寝たくなる… ・日中 よく眠くなる… ・目覚めた時 いまいち体がスッキリしない… みなさんに目覚めのスッキリ感を感じて頂けるよう今日は全ての人に関わる睡眠についてご…

【認知症】発症率を低減するために!「予防」は「治療」!?

今回からは、認知症の予防法について考えていきたいと思います。病気は予防できるなら予防するに越したことはありません。 病気の「予防」というのは常に「治療」に勝るほど重要なステップです。これは、交通事故とそれによる怪我を例に挙げれば分かりやすい…

【超回復】ヒミツは脳?脳疲労のリセットとは!?

ゆっくり休んだつもりなのに、なかなか疲れがとれない。そんな経験はありませんか? もしかしたら脳疲労かもしれません。肉体の疲れとは違って脳の疲れは気づきにくいものです。脳を休める方法についてご紹介します。 脳疲労とは? 脳疲労とは、言葉のとおり…

【脳活性化】若返りたければ、泳ぎなさい!?

ランニングブームが日本で広まって久しいが、それよりも若返り効果があると科学者のあいだで注目されているのが、水泳だ。 痩せるだけではない。泳ぐことで記憶力や認知力もアップし、気分も良くなる──水泳が万能の有酸素運動かもしれないことが、近年の研究…

【寝貯めはダメ?】疲労回復を促す週末シャットダウン!?

勤労者の半数以上が仕事にストレスを抱えている 厚生労働省では全国の約1万4000事業所を対象に「令和2年 労働安全衛生調査(実態調査)」を実施。令和3年7月21日に発表された結果概況によれば、「現在の自分の仕事や職業生活に関することが強い不安、悩み、…

【睡眠改善】スッキリ起きたい!質の良い睡眠とは?

ギリギリまで寝ていても目覚めがスッキリせず、起きてすぐに朝食も摂らずに、慌てて会社や学校に行く。 頭がしっかり回らないうちに始まる仕事や授業で疲れてしまう。 そんな経験はありませんか? 質の良い睡眠とは、ずばり「身体も心(脳)もしっかり休息で…

【メンタル改善!】ゲームがうつや不安を軽くする効用を報告!?

スマホの普及もあって、ゲームがますます身近になっています。 もともとの専用機やPCもあって、ジャンルもRPGやシューティング、運動ゲームなど多彩。このたび海外の研究から、そんなゲームがメンタルの問題、特にうつ病や不安障害の解決に有効かもしれない…

【疲労回復】肉体疲労と精神疲労を回復する方法とは!?

仕事や家事で疲れを感じるのは休息が必要だというサインです。 休まずに無理をしていると、体調不良などの原因になるため注意しましょう。体の疲れと精神的な疲れ、それぞれに適したケアが必要です。今回は、疲れが起こるメカニズムや、疲れた時の対処法につ…

【夏の鬱病】夏に気分が落ち込む原因は季節性感情障害!?

うつ病は天気の悪さと関連していますが、憂鬱な気分になるのは必ずしも寒い季節とは限りません。 現に、季節性感情障害(SAD)が発症するのは冬だけではありません。気温が高く日照時間が長い季節にも発症することがありますし、人によっては夏場の方が深刻…

【熟睡のコツ】就寝前に何を飲むかが大事!?

夜中に眠られずつい、夜更かししてしまう方も多いのではないでしょうか。 次の日に疲れがたまってしまったり、日中眠くなってしまう方も多いのでは? そこで今回は、現役医師である、橋本将吉先生と斎藤糧三先生の2人に、寝る前におすすめの習慣について伺い…

【メンタルケア】運動で不安やストレスを乗り切ろう!

新型コロナウイルス感染症の影響で、何だか気持ちがスッキリしない…という方も少なくないはず。 このようなときに注目したいのは、運動でできるメンタルケアです。今回は運動に期待できるメンタルケアについてと、その方法について解説します。 運動とメンタ…

【ストレスの原因】コルチゾールとは!?

身体がストレスを感じると、体内に様々なホルモンが分泌されてホルモンバランスが崩れてしまうケースもあります。 その中でも、ストレスとの関係が深いと言われているのが、ストレスホルモンの一つとも呼ばれる「コルチゾール」です。とはいうものの、コルチ…

【認知】日常生活の中でできる脳トレとは!?

「最近忘れっぽい」「うっかりミスが多い」…。 心当たりのある人は、脳の働きが低下しているのかも。日常生活の中で脳を活性化させる方法をご紹介します。 何歳からでも脳は鍛えられる脳の機能は20歳ごろをピークに徐々に衰えていくといわれていますが、「歳…

【6時間睡眠以下】の人は感情が不安定で記憶力にも影響!?

「しっかり休憩を取っているのに疲れが取れない」「工夫しているのに集中力が続かない」 毎日の仕事を効率よくしたいのに、なかなか思うようにいかない人がほとんどなのではないでしょうか。 もしかしたら、あなたのアプローチが合っていないのかもしれませ…

【めまい】頭を動かしたときに数分続く原因とは!?

めまいの原因疾患として最も多いのが「良性発作性頭位めまい症」だ。 頭を特定の位置に動かしたときにめまいが発生するもので、中高年の女性に多い。不安になる患者も多いが、専門的な理学療法で改善することができる。 めまいは、耳の病気が原因で起こる「…

【精神疾患】うつ状態の人に対する声かけの仕方は注意が必要!?

うつ病は、「几帳面で真面目な人がなりやすい」と言われていましたが、現在ではむしろ「性格に関係なく、誰にでも起こりえる」と考えられています。 誰でも可能性があって患者数も多いうつ病ですが、発症のメカニズムは実はよく分かっていません。 脳の神経…

【クリエイティブ】習慣を身につけると認知症の予防になる!?

音楽は心理的に感動を与えてくれるだけでなく、脳の機能も高めてくれるって知ってた? 実は、音楽をただ聞くのではなく、演奏することは既に認知症の兆しが現れている人でさえ、認知機能にポジティブな影響を与えることが、新たな研究によって判明している。…

【イヤーワームって何】寝る前に音楽を聴くと睡眠の質は下がる!?

誰でも、音楽の一部が頭にこびりついて離れず、繰り返し流れ続けて煩わしい思いをしたことがあるはずだ。 この「イヤーワーム」と呼ばれる現象が、睡眠の質に悪影響を与える可能性のあることを、米ベイラー大学の睡眠研究者Michael Scullin氏らが報告した。…

【睡眠負債】寝不足に要注意!?人はなぜ眠れないのか?

厚生労働省の2018年の調査では「睡眠で休養が十分にとれていない」人の割合は21.7%。 日本人の5人に1人が睡眠に悩みを抱えています。自身も不眠症に長く悩まされた経験を持つ精神科医の岡田尊司さんが、睡眠のメカニズムや不眠症克服の極意を解説する幻冬舎…

【睡眠不足】死亡率が1.3倍に!リスクを抑える最適な睡眠時間とは!?

睡眠は「量」だけでは解決せず、「質」のほうが大事 睡眠不足の蓄積が、がんや生活習慣病の発症リスクを高めること、仕事や生活のパフォーマンスを低下させることはさまざまな研究によって明らかです。 では、9時間、10時間と平均より多く寝ている場合はどう…

【天気痛】症状を改善させる方法!?

天気痛とは、気象の変化で体に不調がおこることを指します。 天気痛の症状は人によって様々ですが頭痛や肩こり、めまい、気持ちが落ち込むなど心身ともに不調が起こる人が多いと言われています。人によっては古傷が痛んだり関節リウマチや喘息、更年期障害が…

心血管危険因子と認知症の関連は!?

心血管(CV)イベントの危険因子が認知症の発症リスクにもなると指摘されている。 オーストラリア・University of New South WalesのJessica Gong氏らは、男女別にCVイベントの各危険因子と将来の認知症発症リスクの関連について検討。結果を、BMC Med(2021…