セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、「運動」と「笑い」で健康寿命を延ばす施設。AOIデイサービスの施設長として勤務。

脳科学に関するリハビリテーション

【認知症】症状を抑える薬!?

今回は認知症の薬について、それぞれの特徴を説明しながら紹介していきます。 認知症を根本的に治療する薬はない警察庁が公表している『令和元年における行方不明者の状況』によると、2019年度の行方不明者数のうち、5人に1人が「認知症あるいはその疑いの…

【疲れ】その日中にケア。寝ている間に超疲労回復してくれるリカバリーウエアおすすめ!?

仕事で疲れている人、冷えが気になる人、トレーニングをしている人はリカバリーウエアを着てみては? どうして良質な睡眠が必要なの?眠れない日が続くと頭がボーっとしたりイライラが募ったり、体の不調を肌で感じている人も多いはず。でも睡眠不足は想像以…

【脳科学】愚痴・悪口の作法…脳を傷つけないため!?

長期化するコロナ禍でストレスがたまり、愚痴をこぼしたり、悪口を言ったり、ついつい毒を吐きたくなる。 ところが、日々のうっぷんを晴らしているつもりでも、愚痴や悪口を繰り返すほど、あなた自身は傷ついている。悪口を言う人は寿命が5年短くなるという…

【呼吸】不安定な呼吸が不安定な感情を生んでいる!?

1日に2万回も空気を出し入れしているのに、当たり前すぎて普段意識することが少ない「呼吸」。 呼吸は老化や衰えのスピードといった体調に影響しているだけではなく、人間の感情にも影響しているとおっしゃるのは、書籍『すべての不調は呼吸が原因』の著者・…

【脳神経】脳ストレスを軽減するお菓子とは!?

基本的には、酸素とブドウ糖があれば脳は働く。 それは脳が働くためのエネルギー源として、ということ。余分に摂り過ぎれば、当然カロリーオーバーとなり、肥満の元になる。 しかし、市販されているお菓子の中には、脳のエネルギー源とはまた違う、脳ストレ…

【冬季うつ】「幸せホルモン」を分泌で改善!?

「やる気が起きない」 「朝、なかなか起きられない」 「人と関わるのが億劫」 「仕事をしたくない」思い当たる方は、もしかしたら「燃え尽き症候群」かもしれません。 燃え尽き症候群は、パフォーマンスや自己肯定感の低下を招くリスクがあり、仕事にもプラ…

【冬季の抑うつ】「幸せホルモン」を分泌する習慣!?

だんだんと肌寒くなり日が短くなると、心が塞いでくる方はいませんか? 太陽が燦々と照りつける明るい季節は元気なのですが、秋から冬は気持ちが低空飛行になります。 全く自慢ではありませんが、元々根あかとは程遠いネガティブシンキングの持ち主で、寒い…

【睡眠】最近、眠りが浅い…質の良い睡眠をとる方法!?

「最近、寝つきが悪い」「眠りが浅い」「寝ても疲れがとれない」 ――そんな風に思ったことはありませんか? 実は今、多くの人が睡眠に悩んでいるのです。コロナ禍など、日々の不安や心配ごとから自らを解放し、ぐっすり深い眠りにつく方法とは? 睡眠コンサル…

【習慣】「何事も続かない人」の特徴!?

勉強、ダイエットなどを習慣化しようとしても、失敗する人も多いですよね。どうして「やろう!」と思っても、なかなか習慣化できないのでしょうか? 今回は、習慣化できない人の特徴や失敗する理由、習慣化するためのコツなどを解説します。 ■習慣化できない…

【睡眠】日本人が知らない睡眠の習慣!?

睡眠は栄養や運動と並んで健康を維持するための基本ですが、ストレスフルな昨今はなかなか上手くいかないことが多いもの。正しい睡眠法を身につけて、人生の質を向上させましょう。 【勘違い】健康のために8時間眠ろうとする→働き盛りは7時間弱で十分1日に8…

【緑茶最強】うつ病を吹き飛ばし睡眠や記憶を改善する!?

心と体に良い作用をもたらす 日本茶が恋しい季節がやってきた。とくにいまは新型コロナウイルス感染症の拡大で世の中が騒がしく、心が乱れがち。それだけに、手軽に心と体に良い作用をもたらす「お茶」の力を利用したい。 その健康効果について近年、多くの…

【歩くと認知症になりにくい】「歩く」と「脳」の密接な関係!?

歩行と脳の機能が密接に関連していることが最近分かってきた。 例えば、歩くとストレス解消になる、アイデアが浮かぶ、そして認知症になりにくくなる、等々。なぜ「歩く」ことと「脳」の機能が結びついているのだろうか。 語り◎堀田晴美(東京都健康長寿医療…

【糖質】疲れたときには甘いものがNG!?

オフィスでのデスクワークや打ち合わせの後は、疲労感から、つい甘い物に手を出しがち。 これがコロナ禍での在宅勤務となれば、気になる〝周囲の目〟もないだけに、チョコやクッキーなどを〝絶え間なく〟口に入れてしまう人もいるのでは。 しかし、この行動…

【観葉植物】幸福度や集中力アップに繋がる!?

園芸の専門家たちが、あらゆる観点から解説! 1. 植物は空気を綺麗にしてくれる 観葉植物は、一般的な毒素やホルムアルデヒドやベンゼンのような室内汚染物質を空気中から除去するのに役立つことが、研究で明らかになっています。実際に行われたある研究では…

【睡眠】眠れなくても、まあいいかの気持ちで!?

秋らしい季節を迎えた今日この頃。気候の変化に体がついていかず、夏バテならぬ秋バテに苦しむ人たちも多いのではないでしょうか。 とくに今年はふだんとは違うリズムで生活をしたために、よく眠れなくなったという人も増えているようです。そこで、医師であ…

【睡眠】寝ても疲れがとれないを解消!?

成功する人ほどよく寝ている 最強の睡眠に変える食習慣 ショートスリーパーに憧れを抱く(超)ロングスリーパーとして、たいへん勇気づけられるタイトルである新書『成功する人ほどよく寝ている 最強の睡眠に変える食習慣』。 前書きにある「6時間以下の睡眠…

【リラックス】自宅やオフィスで簡単にできるやり方10つ!?

仕事にプライベートにと忙しい毎日を送っていると、「なんだか疲れが取れないな」と思うこともありますよね。 蓄積した疲労をどう効率良く解消するかがポイント。自分に合ったリラックス方法を身につけて、日々の疲れを上手に癒していきましょう。 1:自分が…

【精神安定】日常に取り入れたい「マインドフルネス」とは!?

新型コロナウイルスのパンデミックはオンライン化を加速させ、働き方やライフスタイルに変化をもたらした。 この変化と発展のときに、あらためて注目を集めているのが心とカラダをととのえる「マインドフルネス」という習慣。 ここではそんなマインドフルネ…

【睡眠】体のダルさがとれない時に意識したいこと!?

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。 体のダル…

【ストレス】溜める人と発散できる人の違いとは!?

仕事やプライベートにおける人間関係、満員電車での通勤、睡眠不足など、私たちは日々ストレスになりえる要因と常に隣り合わせ。 でもストレスを溜める人がいる一方で、うまく発散できる人もいます。その違いとはどこにあるのでしょうか? ストレスの正体、…

【脳科学】思い込みが明るい未来を作る!?

思い込みが身体に良い影響を及ぼす! スッキリしたり、きれいになった、その要因になった行為を持続したらベストな状態が保てるという思い込み。実はこの思い込むというコトがその行為(ごはんを規則正しく食べるとかジョギングを続ける)の効果より、実際に…

【自律神経】不調を改善する3つの最強の方法とは!?

自律神経に働きかける3つの基本 基本的に「自律神経は自分でコントロールできないもの」といわれています。しかし、直接的なコントロールが無理でも、自律神経のバランスが整うよう働きかけることは可能です。そこで、まず見直したいのが生活習慣。生活リズ…

【目標に向き合う方法】 長期的にウェルネスにコミットする方法!?

自分の目標にじっくりと向き合う方法を、あらためておさらい。 1. ミクロからマクロへの転換大きな目標を、日々の生活の中に取り入れたいと思える小さな習慣に分けていく。次に、「習慣の積み重ね」を意識し、既存のルーティンにその習慣を追加する。たとえ…

【ストイック】特徴と自分を追い込む心!?

ストイックな生活、ストイックな暮らし ストイックという言葉には、どこか真面目で窮屈な印象があります。では、そんなストイックさを好んで求める人にはどんな特徴があるのでしょうか。また、そこまで努力し続けることができる理由・心理についても探ってい…

【脳科学】「12分間の瞑想」が認知機能の低下を改善する!?

クンダリーニヨガの瞑想であるキルタン・クリヤ を毎日プラクティスすると、認知機能の低下を改善することができます。 心地よいポジションを見つけて座り、意識を眉間にある第三の目に集中しましょう。両腕をまっすぐ伸ばし、手の甲を膝に置き、親指と人差…

【ストレス解消】生活リズムの乱れが原因? 改善法とは!?

食事や睡眠の時間が不規則になっていませんか? テレワークなどで起きる時間が遅くなったり、お昼の時間が毎日バラバラになったり…生活リズムが乱れている人は、余計なストレスを抱えてしまっているかもしれません。すぐにできる改善法をご紹介します。 生活…

【心身の健康】今だからこそ知っておきたい「3つのM」とは!?

とくに思い当たる原因はないのに、なぜか気分が重い。何をするにもモチベーションが上がらず、暗い気持ちのまま時間を無駄にしがち......。 そんな気分を断ち切るための「3つのM」を「ハーバード大学」で心理学を研究し、多くの著書をもつショーン・アコール…

【考え方の癖】落ち込みや不安につながりやすい!?

私たちは常日頃さまざまなことを考えています。 そんな考えの中でも、よく浮かぶ考え、ついつい考えてしまうものがあると思います。 そんな、「考え方の癖」の中には、落ち込みや不安などネガティブな気分につながりやすいものがあります。今回は、落ち込み…

【認知症】診断する手法を発見!?

少量(30μL)の血液から認知症のリスクの診断を可能にする4種類のペプチド(蛋白質を構成するアミノ酸が2つ以上結合した物質)を発見したと、岡山大学大学院とプロトセラの共同研究グループが J Alzheimers Dis(2020; 73: 217-227)に発表した。 国内の認知…

【睡眠】ぐっすり眠ってスッキリ目覚める方法!?

ぐっすり眠ってスッキリ目覚める方法!? 人は眠らなければ生きていけない。起きている間のパフォーマンスを上げるには、質の高い眠りを、適切な時間だけ取りたいもの。最新研究の成果は? 適正な睡眠時間は7~9時間適正な睡眠時間がどの程度かは人によって…