セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。施設長としての活動では施設の管理、他職種との連携。リハビリテーションやメンタルサポート、マネジメントなど医療・介護をテーマに更新をしていきます。

脳科学に関するリハビリテーション

【食事】理学療法士オススメ!認知症予防、記憶力・判断力・注意力の向上の食事

大人向けドリルやゲームソフトなどを使って脳を活性化させる「脳トレ」がありますが、私たちが食べている食べ物の中にも、頭の回転を良くするものがあります。そこで、頭の回転を良くする食べ物と、食べ方のコツについてご紹介します。 頭の回転を良くする栄…

【脳科学】理学療法士オススメ!脳の活性は食事から!必須栄養素を紹介!

脳のエネルギーである脳内物質は、普段の食事から摂取された栄養素が原料となっています。 〇脳のエネルギーである脳内物質は、普段の食事から摂取された栄養素が原料となっています。偏った食生活で栄養不足の状態が続くと、体調面だけでなく、集中力の低下…

【メンタル】理学療法士オススメ!健康的な行動でストレスを解消する方法!

米国心理学会によると、7割の女性はそのときだけ幸せをもたらしてくれる不健康な方法でストレスを解消しているそう。でもせっかくなら心を本気で元気にする方法を知りたくないですか? 〇ストレスがたまったときに犯しがちな「衝動」に置き換えられる「ヘル…

【脳科学】脳を活性化して自己治癒力を高めましょう

脳内ホルモンを活性化する 〇治る力 現代人は医療や薬に頼りすぎているといわれます。もともと備わっているはずの自然治癒の力、「治る力」を活性化するにはどうしたらよいのでしょうか。 〇誰でも理由もなくイライラすることがあるものです。脳内物質を活性…

【脳科学】科学的に脳の「老化」を防ぐ3つの方法!

人生100年時代といわれるなか、体だけでなく脳の健康を意識した「脳が老いないためのメソッド」が本やメディア、ブログなどでは多くあります。 「『食べたい』『タバコを吸いたい』……、そんなときは体を意識する」。 〇「○○したい」という渇望感のコントロー…

【健康】脳も身体も元気になる!ビタミンBの5つの効能

ビタミンBは女性に必須な栄養のひとつ 〇ビタミンBはいくつもの種類があってお互いに補い合って健康維持に貢献していますが、生理前後に襲ってくるいらいら感やうつ的症状をやわらげる働きもあります。ビタミンBに関する基礎知識を様々な方面から探っていき…

要介護リスクが3割減、認知症を予防するには入浴がいい?

「毎日入浴すれば介護を受けず健康に暮らせる」――。こんな調査結果が高齢者を安心させています。 〇千葉大学などの研究チームが2010年8月から12年1月まで65歳以上の男女計約1万4000人を追跡調査。夏に週7回以上入浴していた人は週に0~2回…

【健康】ミスの原因は睡眠不足が9割‼

忙しい現代人にとって、毎日十分な睡眠時間を確保するのは難しいでしょう。その睡眠不足が蓄積すると体に危険なことが起こる睡眠負債について、まとめました。 少しずつ睡眠不足が積み重なって体に悪影響が・・・ 〇毎朝、「もうちょっと寝たい……」と思いな…

【自己啓発】「高いパフォーマンス」を生み出すための5つのルール

高いパフォーマンスと価値を生み出す5つのルール 〇時間を管理して生産性を高める方法を紹介した記事は多いです。たとえ内容的に素晴らしく、実際に役立つように書かれたものだとしても、そこに肝心なポイントが抜け落ちてはいないでしょうか。 〇われわれが…

【自己啓発】ミニマリストは強い意志や自制心を必要としない。

誘惑を取り除こう。 〇自制心が強そうに見える人は、実は自身を取り巻く環境から誘惑を取り除くことがうまい人です。ジェームズ・クリアの新著『Atomic Habits』はそう記してあります。研究もクリアの指摘を裏付けました。ある研究は、グーグル社内でキッチ…

【自己啓発】集中ができないのは、それを好きになれていない証拠。

遊びに限界はありません、楽しみながら行うことは集中力を保てるのです。好きなことをやって、集中して結果を出しましょう。 〇例えば、空腹の時に大好きなカレーライスが出てきたら、食べ終わるまでは誰でも集中して食べていますよね?つまり、誰にでも集中…

【健康】理想的な朝のルーティンで朝型人間に‼

朝の習慣を見直すと、ストレスを減らし、生産性を高めることができる。 〇朝のルーティンは、生産性を高め、毎日を成功へと導きます。ストレスが最小限になるように朝のルーティンを工夫すると、もしあなたが朝型人間でないとしても、朝、より簡単に起きられ…

【健康】「脳年齢」脳ドッグの検査のススメ‼

厚生労働省が発表した「平成29(2017)年人口動態統計の概況」によると、日本人の死因第1位は「悪性新生物(がん)」、第2位が「心疾患(心臓)」、そして第3位が「脳血管疾患(脳卒中)」 〇「脳卒中」とは、脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の血管が破れて…

【自己啓発】新たな挑戦に必要なのはたった20時間‼

1万時間の努力はプロの皆さんにお任せして、ぼくらはまず20時間、意識を集中し、知的に、明確な目標を持って努力することから始めよう。 〇「自分にとって価値のある結果をわずかな努力で手にいれるのだ。」TEDスピーカーでもあるアメリカの人気作家ジョシュ…

【脳科学】慢性的なストレスが脳の収縮まで引き起こす

ストレスが人体に与える影響はさまざまですが、ストレスを受けることでホルモンの一種であるコルチゾールが増加し、これにより記憶力や思考力が低下し、さらに脳の容積までも収縮してしまうことが明らかになっています。 〇人体がストレスに対して反応するこ…

「新しいスキルを効率的に学ぶ」方法を研究者が提案

ジョンズ・ホプキンズ大学の研究 〇何か新しいことを身につけようとしているときには、練習が必要だ。たとえば、新製品のセールスデモを完璧にやりたいといった場合でもそうだが、何かの熟練した技を身につけたいときに、物を言うのは練習の量だ。だが、それ…

【脳科学】「運動神経がいい人」は仕事も優秀!?

年をとるごとに悪くなる体のコンディション。これを「老化のせい」と一蹴していないでしょうか?実は、体と密接な関係にある脳とうまくつきあえれば、万全の体調を実現できるかもしれないのです。それは──。 優れたアスリートは、脳を深く正しく使う〇常に体…

【見学会】AOIデイサービスセンター新川 開催予定11月8・22・29日

(washizugo)3年間の共同研究の結果がまとまりました。AOIデイサービスセンター新川で提供させていただいている運動内容や、サービスなどを説明する見学会を開催させていただきたいと思います。ご興味がある方は、ぜひご参加ください。 blog.washizugo.com …

【成功】「恐怖」を乗り越えてつかむ成功方法

限界を自分で決めてはいけない 〇誰しもが、恐怖にとらわれた状態あるいは恐怖そのものを回避しようともがいている状態で、過ごした経験があるのでは無いでしょうか。あなたも自分に正直になれば、恐怖の回避にどれだけ時間と労力を費やしているかがわかるは…

【健康】自律神経を整えて心身ともに健康に過ごしましょう。

メンタルが弱くなりがちな人は、性格やものの考え方ではなくて体のほうに原因があるかもしれません。 〇不安な気持ちは自律神経を乱すことにつながるため、健康のためにも心の安定は大切。今回は、メンタルを変えるための体のコントロール方法をご紹介しまし…

【メンタル】安定した精神を得るための10の方法

間違った努力は逆効果になります。 〇精神的に不安定な人の中には、自分はメンタルの強化に取り組んでいると思い込んでいる人もいるが、実際には心の筋肉の増強に役立つどころか、自身のメンタルを弱らせてしまう環境をつくり出している人たちも多いという。…

【ノンカフェイン】で脳を覚醒させる7つ方法

ドリンクに手が伸びる人は多いかもしれません。でも、脳の活性化をカフェインに依存していると、深刻な悪影響をもたらします。 〇その影響は短期的なものではなく、破滅が待っています。ほんの出来心でも、長い目で見ると大きな代償を払うことになりかねませ…

あなたは今、自由ですか?

「バカとつき合うな」には 〇自由になれない現代人、新時代を生きる28の最強の教えが書いてあります。堀江貴文、西野亮廣の鋭い視点でまとめてあり、共感できるところも多く、思わず笑ってしまう教えもいくつかありました。今の生活に窮屈さを感じ、視点を…

【脳科学】「習慣」による「脳の活性化」で「仕事効率アップ」する方法!

人間は一般的に脳のパワーのうち30%しか使わないといわれています。ところが、それが40%、50%…と、いままで使われていなかった秘められた力を自分が発揮できるようになったらどうでしょう。 〇これまで考えつきもしなかったアイデアが続々とわいてきたり…

仮眠は1時間以上してはいけないってホント?

仮眠についてこんなことが話題になっています。「長い時間の仮眠は脳に良くない」 「仮眠で横になってはいけない」とは本当なのでしょうか。 〇長い時間の睡眠が脳に良くないのは半分くらい正しいですね。仮眠の時間は10~20分が良いのです。仮眠は「しっか…

バランス感覚アップ!立ち木のポーズ

立木のポーズは、ヨガのポーズの中でも比較的知られているポーズの中の一つです。しかし、バランス系のポーズのため、初めての方は意外と難しく感じるかもしれません。リラックスして、怪我をしない様に気をつけながら行いましょう。 今まで行ったヨガポーズ…

涼しい季節にも脱水症状になる!?体内の水分不足10個のチェック

〇しっかり補給をしておかないと、すぐに体内から失われてしまう水分。ワークアウトやスポーツでもベストの成果が出せなかったり、体がむくんだり便秘になったりと、損する場面も多くあります。私たちは知らないうちに、脱水症状を起こしているのかもしれま…

【本紹介】ケタ違いの熱量に胸焦がれました、

今回紹介するのは「死ぬこと以外かすり傷【幻冬舎編集者 箕輪厚介】」 〇最近出版されている書籍の中で、一番脳を揺さぶられました。仕事に対する熱さは、勉強させられました。とくに気になった言葉をピックアップしますと。 ・圧倒的な量を制圧して初めて見…

人工知能で入院リスクを予測するサービスがある!?

〇日立製作所は10月3日、生活習慣病に起因する将来の入院リスクを予測するシミュレーションサービス「Risk Simulator for Insurance」を開発し、販売開始すると発表しました。 〇このサービスは、医療ビッグデータを日立独自の人工知能(AI)で活用するもの…

筋力とバランス力アップ!英雄のポーズ3

英雄のポーズ1と2はすでに記事にあげましたが、 washizugo.hatenablog.com washizugo.hatenablog.com 今回のポーズはどの英雄のポーズよりも難しくなっています。なぜなら、筋力やバランス、さらには体も柔らかくなければ固定できないからです。コツもある…