セラピストGoGo

Washizu Go(わしず ごう)1990年静岡生まれ。平成25年理学療法士免許取得。ヨガインストラクター。パワーリハビリテーション研究会研修終了。大学との連携で運動プログラムの提供、デイサービスの施設長として勤務。理学療法の可能性を日々追及。リハビリテーション・医療・介護をテーマに更新。アツい男としてデイを盛り上げていきます!

脳科学に関するリハビリテーション

【快眠】朝まで良い眠りにつく方法は!?

眠りの悩みは人それぞれ。寝つきが悪いという人もいれば、夜中に目が覚めたら、再び眠りにつくことができないという人も。 もし、あなたが後者だとしたら、夜中に目が覚めて最初にすることは何でしょうか。 おそらく多くの人がするのが、無意識のうちに時計…

【認知症】治るかもしれない!?薬が影響している!?

「認知症」とは、「もの忘れ、言葉が出にくい、段取りができない」といった症状により生活に支障をきたしている状態を指す。 アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症の4つが代表的な認知症を引き起こす病気(認知症性…

【電子たばこ】研究結果で体に悪い「脳にダメージを与える」!?

日本でも電子たばこが普及し、昔ながらのたばこから切り替える人が増えています。そんな中、電子たばこが脳にダメージを与えるという研究結果が報告されました。 問題となったのはニコチンを含むリキッドを使うタイプで、日本ではニコチン入りの電子たばこの…

【ストレス解消】睡眠は欠かせない!効果的な睡眠とは!?

人は毎日睡眠を取る生き物ですが、「仕事が忙しい…」「夜更かしして眠れなかった…」など睡眠時間をしっかり確保できないと体は知らず知らずのうちに負担がかかっています。 効果的な睡眠をとるためには日頃から気をつけたいことがあります。ここでは睡眠の効…

【長寿の秘訣】大股で歩くスピードを意識しよう!

速く歩ける人ほど筋肉が保持され、余命が長く認知症になりにくい 今回は「長寿の秘訣は歩く距離よりスピード」について 長生きすることの秘訣として歩数が取り上げられることが多いです。もちろん腰痛や生活習慣病を防止するためにも一定の距離を歩くことは…

【ストレス解消!?】誰でもできるストレスマネジメント

毎日の忙しい日々の中で、私たちはさまざまなストレスを抱えながら生きています。ストレスが蓄積したままだと、心はどんどん疲弊し、ポッキリと折れてしまうことも。 そうなる前に試してほしいのが認知行動療法です。認知行動療法とはうつ病などの治療やカウ…

【睡眠の質を向上させる】ぐっすり寝るための過ごし方を紹介!!

しっかり休めず、毎日クタクタ?16時~23時の過ごし方で、質の良い睡眠に変わり、フレッシュな気分で目覚めることは可能だとか。今回イギリス版ウィメンズヘルスからご紹介する睡眠習慣を取り入れて日々の疲れをケアしよう! 16時:午後のコーヒーの代わりに…

【睡眠中に記憶を強化】米研究グループが研究で記憶を科学!?

眠っている間に英語を聞くことで脳が学習し、目覚めたときにはペラペラになっている──。 そんな「睡眠学習」の試みは米国で1920年代からブームになったが、その後、睡眠中に聞いたことは記憶されないことが実験で判明し、期待は急速にしぼんだ。だが最近の脳…

【脳科学】あなたのその症状、脳出血かもしれません!?

脳出血になるとどんな症状が出てくる? 脳出血とは、さまざまな原因によって脳の血管が破れてしまい、脳の実質内に血液が流出する状態のことをいいます。脳卒中のうち、約2割弱の頻度で出現します。 動脈硬化と高血圧が大きな要因で、これらの疾患によって脳…

【最新脳研究】 パズルを解いて前頭前野の刺激がカギ!

最新脳科学で「もの忘れ・認知症対策」は、さらに進んでいる。 「昨日の夕食に何を食べたか思い出せない」「モノや人の名前がすぐ出てこない」「うっかりミスが増えた」「トシのせいだから仕方ない」…こうしたことで、がっかりしながら、あきらめている人も…

認知症について知識を深めましょう!レビー?アルツハイマー?

認知症は今や多くの人の関心事だが、一方で曖昧で偏ったイメージや漠然とした不安を抱く人も多い。 アルツハイマー型認知症以外にも、レビー小体型、血管性、前頭側頭葉変性症ほか多くの種類があり、それぞれ特徴がある。きちんと知っておかないと受診のタイ…

【脳】楽々に記憶力アップに最も効果的な方法!?

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』。1月21日(月)は、お休み中の別所哲也に代わり、宮本絢子がナビゲーターを務めました。 ワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」では、記憶力がアップする最も効果的な方法を、精神科医・樺沢紫苑さ…

【高齢化】前頭葉の老化による性格の変化について

周囲の対応で変わる 都会と田舎で認知症の進行が違う 「人のいうことを聞かなくなった」高齢の親を持つ子どもがよく口にする言葉だが、たしかに高齢者の特徴のひとつが「頑迷」である。「頭が固くなる」といってもいいだろう。 これは認知症と診断された高齢…

脳の健康に欠かせない「ニューロン」を増やすためにできる6つの習慣

「レジリエンスの鍛え方」にも書いたように、生きている限り、私たちの脳は新しいニューロン(神経細胞)を作り、変化し続けます。 ニューロンの生成能力を上げる生活習慣海馬と呼ばれる脳の部位は、記憶の形成や感情の制御をつかさどる場所です。ここで、幹細…

魚を多く食べている人はうつ病にならない!?ほんと?

オメガ-3脂肪酸は、主に魚油や特定の海藻に含まれています。 人々が多くの魚を食べる国では鬱病はあまり一般的ではないように思われるので、科学者たちは魚油が鬱病や他の気分障害を予防および/または治療するかどうかを調べた。 2つのオメガ-3脂肪酸 - エ…

【脳科学】認知症患者の8割は女性!? 認知症について知識を深めましょう!

本人だけでなく、介護をする家族や周囲など、かかわる人全員にとって負担の大きい認知症。どういう病気なのか、そして予防のために今からできることを紹介していきます。 何が原因なの? 認知症の原因となる病気には、前回挙げたように、いくつかの種類があ…

【脳】理学療法士が教える!「認知症」を予防する良い習慣・悪い習慣

脳に良い習慣と悪い習慣 積極的な禁煙を! タバコと認知症の発病には大きく関係性があり、脳のMRIを見てみるとやはり隠れ脳梗塞が多い印象を受けます。そのため、脳の機能が低下し、物忘れの自覚を訴えるのです。また、タバコは、他人への迷惑にもなります。…

読書が脳に与える素晴らしい影響を神経科学で解明!

共感力や創造性が高まるのはなぜか 本は私たちに賢明さや知識、知的謙虚さを与えてくれる。〇しかし、読書習慣がもたらす重要な利点は、共感力を高められることだ。本を読めば、ほかの誰かの視点を得ることができる。ほかの誰かの目で世界を見渡し、ほかの誰…

【ミニマリスト】思考もシンプルにして自分らしさを手に入れよう

シンプルに生きるにはどうしたらよいのか シンプルに生きるためにはどうしたらよいのか。必死に悩んでいても、答えはなかなかでてきません。シンプルに生きるために必要なことは、これまで当たり前と思っていた概念を捨てることから始まります。 あれこれ無…

【脳】認知症について知識を深めて、親など家族の介護に対応できるように備えておきましょう。

認知症とは、さまざまな原因で脳の細胞が損傷したり、十分な働きをしなくなることにより、認知機能が低下し、生活がしづらくなる症状を言います。 誰でもかかる可能性のある脳の病気で、中核症状と周辺症状があります。 前者には記憶障害、言語障害、理解・…

【脳】認知症リスクを高めるリスクを知っていますか?←これだ!!

フレイルが認知症リスクを高める!? 「フレイル」という言葉は “frailty” という英語が語源で、「弱さ、脆さ」といった意味があります。 2014年に、日本老年医学会が「フレイルとは、加齢とともに身体や精神の機能が低下した状態。生活するための機能も低下…

【脳卒中】理学療法士が勧める!脳卒中予防のためにできること7つ

脳卒中を予防するためにできること7つ 脳卒中予防は今日から始めることができます。あなたの年齢や家族歴にかかわらず、自分自身を保護し、脳卒中を避けてください。 あなたは脳卒中を防ぐために何ができますか?脳卒中を起こしたことがある母親、父親、また…

【健康】理学療法士が教える!睡眠と健康について

睡眠の質 ゆっくり眠れていますか。あるいは睡眠時間は短くても熟眠感(よく眠れたという感覚)はありますか?人間の意識とは私たちを形作る一部にすぎないものであり、良質な睡眠が意識の活性化につながります。ぐっすり眠った後に目覚めると、意識清明で気…

【健康】昼間に眠くないですか?アルツハイマー病のリスクがあるかもしれません。

あなたは昼間に眠いですか?もしそうなら、あなたはアルツハイマー病のリスクが高いかもしれない、睡眠科学誌が発表。 科学者は、健康な高齢の124人の平均年齢60歳、眠気を感じた日、眠っている日の睡眠、昼寝の習慣などについて尋ねました。このグループは…

【食事】理学療法士オススメ!認知症予防、記憶力・判断力・注意力の向上の食事

大人向けドリルやゲームソフトなどを使って脳を活性化させる「脳トレ」がありますが、私たちが食べている食べ物の中にも、頭の回転を良くするものがあります。そこで、頭の回転を良くする食べ物と、食べ方のコツについてご紹介します。 頭の回転を良くする栄…

【脳科学】理学療法士オススメ!脳の活性は食事から!必須栄養素を紹介!

脳のエネルギーである脳内物質は、普段の食事から摂取された栄養素が原料となっています。 〇脳のエネルギーである脳内物質は、普段の食事から摂取された栄養素が原料となっています。偏った食生活で栄養不足の状態が続くと、体調面だけでなく、集中力の低下…

【メンタル】理学療法士オススメ!健康的な行動でストレスを解消する方法!

米国心理学会によると、7割の女性はそのときだけ幸せをもたらしてくれる不健康な方法でストレスを解消しているそう。でもせっかくなら心を本気で元気にする方法を知りたくないですか? 〇ストレスがたまったときに犯しがちな「衝動」に置き換えられる「ヘル…

【脳科学】脳を活性化して自己治癒力を高めましょう

脳内ホルモンを活性化する 〇治る力 現代人は医療や薬に頼りすぎているといわれます。もともと備わっているはずの自然治癒の力、「治る力」を活性化するにはどうしたらよいのでしょうか。 〇誰でも理由もなくイライラすることがあるものです。脳内物質を活性…

【脳科学】科学的に脳の「老化」を防ぐ3つの方法!

人生100年時代といわれるなか、体だけでなく脳の健康を意識した「脳が老いないためのメソッド」が本やメディア、ブログなどでは多くあります。 「『食べたい』『タバコを吸いたい』……、そんなときは体を意識する」。 〇「○○したい」という渇望感のコントロー…

【健康】脳も身体も元気になる!ビタミンBの5つの効能

ビタミンBは女性に必須な栄養のひとつ 〇ビタミンBはいくつもの種類があってお互いに補い合って健康維持に貢献していますが、生理前後に襲ってくるいらいら感やうつ的症状をやわらげる働きもあります。ビタミンBに関する基礎知識を様々な方面から探っていき…